◆アーネストリー◆宝塚記念 友だからこそお金は貸せない



◆友だからこそお金は貸せない



10R 第51回 宝塚記念(GI)


1着 ナカヤマフェスタ
2着 ブエナビスタ
3着 アーネストリー




アーネストリー
「とにかく逆境の時こそ
 ヤケにならず、無気力になりそうな心を律して
 淡々と努力を継続することが重要だと考える」



オウケンブルースリ
「は、はい・・おっしゃる通りっす 汗」


アーネストリー
「オウケン」


オウケンブルースリ
「うん?」


アーネストリー
「借りた金でパチンコやったのか?」


オウケンブルースリ
「うん・・まあ・・ 汗」


アーネストリー
「すべてギャンブルは、借りた金でやってはだめだ。
 余剰資金で行うからこそ、心にゆとりが生まれ、勝つことができる。
 借金でのギャンブルは、勝率を著しく下げるものだ」


オウケンブルースリ
「全くそのとおりっす 汗」


アーネストリー
「今からバイトでもして
 すぐに返した方がいいぞ」


オウケンブルースリ
「うん・・。
 あ、あのー
 そこでひとつ相談があるんだけど・・」


アーネストリー
「金は貸さんぞ」


オウケンブルースリ
「は、はやっ! 汗
 ま、まあそう言わずに!
 そんなにパチンコ勝ってるんだしさ! 汗」


アーネストリー
「金の貸し借りは、高確率で友情を壊すものだ。
 だから貸すワケにはいかん」


オウケンブルースリ
「い、いや、でもボクたちって
 そんなに友達でもないじゃん? 汗」


アーネストリー
「ならば、なおさら貸せんな」


オウケンブルースリ
「なんだよー! 怒
 どっちにしても貸す気ないんじゃんか! 怒」


アーネストリー
「逆ギレか」


オウケンブルースリ
「ここでレッドの金盗んでパチンコやったことがバレたら
 オレは明日の太陽を見れないかもしれないんだぞ! 怒
 おまえはそれでもいいのかっ! 怒」


アーネストリー
「超関係ねえし」


オウケンブルースリ
「なな、なんて薄情なヤツだ! 怒
 なあ!12万でいいから貸してくれよー!
 秋のJC勝って、その賞金で返すからさあー!」


アーネストリー
「JCはオレが勝つし」


オウケンブルースリ
「な、なんだとぉー! 怒
 ・・・・
 ・・と、とにかくさあ!
 オレ、ヤバイんだよー!
 こっそり金返しておきたいんだよー!
 レッドにさあ!」



アーネストリー
「お、おい・・オウケン・・ 汗」


オウケンブルースリ
「盗んだのバレたらヤバいんだって!」


アーネストリー
「ちょ、オウケン・・うしろ・・汗」


オウケンブルースリ
「なんだよ、うしろってー!
 オレはうしろを振り返ってる余裕はないんだ!
 レッドの赤ブタ貯金箱をぶっ壊して
 12万盗んだなんて、誰にも言えねえよ!!!」



  ポンポン



オウケンブルースリ
「あ? 怒
 誰だよ! 怒
 今いそがしいん・・・」



レッドディザイア
「・・ほう・・
 ずいぶんと忙しそうじゃのう・・ 怒」


オウケンブルースリ
「は、はうっ!!!汗」


アーネストリー
「だから言ったのに・・ボソッ」



レッドディザイア
「さて・・
 オウケンよ・・
 おまえさんに選択肢を与えよう・・」


オウケンブルースリ
「い、いや、結構ですっ! 汗汗」



レッドディザイア
「1 レッド銭湯の刑
 2 レッド女王様の刑
 3 レッドヒモなしバンジーの刑
 ・・・3択じゃ・・」



オウケンブルースリ
「3番はしねってことじゃないっすか!汗汗」


レッドディザイア
「では行こうかのう・・。
 レッド裁判所へ・・・ 怒」


オウケンブルースリ
「た、たあすけてえええ~!! 泣」



  - つづく –

サブコンテンツ