◆ドモナラズ◆七夕賞 努力は運命を超えるか



◆努力は運命を超えるか


11R 七夕賞(G3)


1着 ドモナラズ
2着 アルコセニョーラ
3着 サンライズベガ
同着 バトルバニヤン



サンライズベガ
「いやあー惜しかったなあー!
 もうちょっとで重賞初制覇だったんだが!」



バトルバニヤン
「オレもだよー。
 いやーそれにしても同着かあ!
 二人仲良く3着だな!」


サンライズベガ
「うんうん。
 夏のライバルって感じ? 照」


バトルバニヤン
「お互い切磋琢磨しようぜ!」


サンライズベガ
「そうだな!
 どっちが先に重賞を勝つか勝負だな!」


バトルバニヤン
「おおよ!」


サンライズベガ
「負けないぜ?」


バトルバニヤン
「オレだって!!」


サンライズベガ
「へへっ」


バトルバニヤン
「ははっ」



謎の声
「・・どーにもならん・・」



サンライズベガ
「ん?
 何か聞こえたか?」


バトルバニヤン
「あ、あれは・・・」



ドモナラズ
「どーにもならん。
 なぜなら人生は才能で決まるから」


サンライズベガ
「お、おまえは・・
 七夕賞の勝者の・・」


バトルバニヤン
「ド、ドモナラズ・・」



ドモナラズ
「おじゃまします」


サンライズベガ
「お、おう・・汗
 優勝おめでとう。
 てゆうか、
 才能で決まるって何?」



ドモナラズ
「才能がある者が努力するから結果が出るのであって
 才能がない者は努力しても、どーにもならん」


サンライズベガ
「な、なんてネガティブな意見なんだ・・汗」


バトルバニヤン
「おい、ドモナラズよお!
 努力こそが高貴だろうが!怒」



ドモナラズ
「どーにもならん。
 なぜならダメなヤツはどこまでいってもダメだからだ」


サンライズベガ
「こ、こいつは・・汗」


バトルバニヤン
「おまえさあ、そんな考え方じゃ
 人生そのものがうまくいかなくなるぜ?
 今回はたまたま重賞勝てたみたいだけどさ」


ドモナラズ
「才能があったのだ」


サンライズベガ
「はあ・・。
 もういいよ、バニヤン。
 ほっとこうぜ。
 それよりさ、2着のアルコセニョーラって
 いい女だよなー」


バトルバニヤン
「そうそう!
 夏にだけ輝くナイスバディ!!
 魅力的だよなあー」


サンライズベガ
「今度、声かけてみようぜ!」


バトルバニヤン
「そうだな!
 どっちが彼女のハートをつかめるか勝負だな!」


サンライズベガ
「負けないぜ?」


バトルバニヤン
「オレだって!」


サンライズベガ
「フッ」


バトルバニヤン
「へへっ」



ドモナラズ
「・・どーにもならん・・」


サンライズベガ
「あ?」


ドモナラズ
「どーにもならん。
 なぜなら男はイケメンか金持ちが女を総取りしてしまうからだ」


サンライズベガ
「そ、そんなことわかんないだろっ!汗」


ドモナラズ
「どーにもならん。
 なぜならオマエラは
 イケメンでもないし
 金もないからだ」



サンライズベガ
「ななな、なんてイヤなヤローだ!怒」


バトルバニヤン
「帰ろーぜ!怒」



ドモナラズ
「どーにもならん・・
 すべては運命なのだ・・」



  - つづく –

サブコンテンツ