◆日本一かつニホンピロ ニホンピロレガーロ 小倉記念



◆日本一かつニホンピロ


小倉記念(G3)

1着ニホンピロレガーロ
2着バトルバニヤン
3着スマートギア



ニホンピロレガーロ
「ヒャーッハッハ!
 ついに重賞制覇だぜ!
 ここからオレの時代の始まりじゃね?」


周りの馬たち
「そうっすね!
 マジそうっす!」


ニホンピロレガーロ
「だろ?
 このまま一気にジーワンまで制して
 ついでにダート界も制圧しちゃったりなんかして
 まさにオレこそが、日本一でありニホンピロでもあるのだ!
 ギャーハッハハ!」



周りの馬たち
「ついて行くっす!」


ニホンピロレガーロ
「フフフッ。
 まあ野郎ばっかりでこんな話しててもつまらんな。
 この勢いで女でも引っ掛けるか。
 ・・ん?
 コンビニから美女が出てくるな。ニヤリ」



~コンビニにて~


レッドディザイア
「ええっとぉ~
 大根と~はんぺんと~それからええっと~
 大根ください♪
 ・・・・
 ・・って大根2個かよっ! とか一人つっこみしちゃうの~えへ」


店員
「ありがとうございましたー」


レッドディザイア
「えへへー
 今日はおでんだじょー♪ おいしそうだにゃー♪」



ニホンピロレガーロ
「すいませーん、ちょっといいですかぁ~ヒャッハハww」


レッドディザイア
「え?
 えと・・誰ですかぁ? 汗」


ニホンピロレガーロ
「ねえねえお姉さん、カワイイね~」


レッドディザイア
「あらま 喜
 そうかしら? 喜」


ニホンピロレガーロ
「これからさあー
 遊び行こうよぉ~ww」


レッドディザイア
「あ、ごめんなさい。
 アタシはこれからおうちで、おでんを食べるのです」


ニホンピロレガーロ
「じゃあ一緒にメシ食おうぜ~w
 さっさと来いよコラ 
 グイッ」


  バシャッ


レッドディザイア
「ああ~~!!泣
 お、おでんがぁ~!
 全部こぼれちゃったよぉ~ 涙」


ニホンピロレガーロ
「おでんぐらい買ってやるからよ~w
 早く行くぞコラ」


レッドディザイア
「エーン 泣」


ニホンピロレガーロ
「なあ、姉ちゃんよ。
 オレはな?
 これから有馬記念とフェブラリーSを制して
 日本一かつニホンピロになる男だ。
 オレと付き合っとけば友達に自慢できるぜ?
 ヒャーッハハハwww」



レッドディザイア
「だ、大根がぁ~ 泣」


ニホンピロレガーロ
「チッ。
 めんどくせえな 怒
 ホラ来いよオメー」



謎の声
「聞き捨てならんな・・・」


ニホンピロレガーロ
「あ?
 なんだテメー!怒」


エスポワールシチー
「フェブラリーSでオレに勝てるのか?」


ニホンピロレガーロ
「あ、あの筋肉・・
 おまえは・・」


レッドディザイア
「あー!
 エスポさんだー 喜」


エスポワールシチー
「レッドさん、ただならぬ様子だったので話しかけてみたが
 どうした?」


レッドディザイア
「お、おでんが~ 泣」


ニホンピロレガーロ
「レ、レッドって・・汗
 まさかこの女が・・」



エスポワールシチー
「・・・・
 状況はわからんが・・
 レッドさんを泣かせたことは事実だ。
 このまま帰すわけにはいかんな・・」


ニホンピロレガーロ
「ぬ、ぬう・・・汗」



  - つづく –

サブコンテンツ