◆恐るべき子供の環境適応力 マジカルポケット 函館2歳ステークス



◆恐るべき子供の環境適応力


函館2歳ステークス(G3)

1着マジカルポケット
2着マイネショコラーデ
3着ルリニガナ



オウケンブルースリ
「よーし、マジカルよ
 お兄ちゃんも、だっこしてやろう」


マジカルポケット
「オジサン、くさいからヤダー」


オウケンブルースリ
「なっ!! 怒」


レッドディザイア
「ププッ 笑
 オウケンくんは加齢臭があるからダメでちゅねー 笑
 じゃあお姉ちゃんが、だっこしててあげるね」


マジカルポケット
「やったー!
 お姉ちゃん、いいにおいでちゅー♪」


レッドディザイア
「うふふ。
 カワイイ子ね♪」


オウケンブルースリ
「ちっ」



レッドディザイア
「あ、マジカルくん!
 オレンジジュース飲もっか♪」


マジカルポケット
「ワーイ!
 みかんみかんー♪」


レッドディザイア
「はい、コップちゃんと持つんだよー
 落としちゃダメよー」


マジカルポケット
「はーい! 喜
 ゴクゴク・・・
 おいしいでちゅー♪」


レッドディザイア
「うふふ。
 よかったー。
 おかわりもあるからねー♪」



マジカルポケット
「おかわりー!!」


レッドディザイア
「あらあら 笑
 飲みすぎちゃだめよ? うふふ」


マジカルポケット
「おいちいでちゅー」



オウケンブルースリ
「ケッ。
 おいレッド。
 なんで、”レッドオレンジジュース”じゃないんだ?
 唐辛子たっぷりバージョンを、おみまいしてやらんかい」


レッドディザイア
「そんなものを、この幼いマジカル君に飲ませられないでしょ? 怒」


オウケンブルースリ
「ボ、ボクいつも飲まされてるんですけど・・ ボソッ」



  プルルルルル・・・



レッドディザイア
「あ、電話だわ。
 オウケンくん、マジカル君をちゃんと見ててね!
 ちょっと席はずすよ。
 マジカル君、いい子にしててねー♪」


マジカルポケット
「はーい!
 早く帰ってきてでちゅー♪」



  バタン



オウケンブルースリ
「はあ・・
 こんなガキと二人っきりになっても
 全然おもしろくねえぜ・・
 ・・・・
 おい・・マジカルよ
 オレンジジュース飲むか?」



マジカルポケット
「・・・・」


オウケンブルースリ
「ん?
 マジカルよ!!
 オレンジジュース飲むかー?」



マジカルポケット
「いらねえ・・・」


オウケンブルースリ
「え・・?」


マジカルポケット
「いらねえっつってんだよ・・」


オウケンブルースリ
「は、はい・・? 汗
 『いらないでちゅー』ですよね? 汗」



マジカルポケット
「なんだそりゃ 怒
 くっだらねえぜ」


オウケンブルースリ
「あ、あうあう・・汗」


マジカルポケット
「つーかオウケンよー
 ビールねえのか?
 こっちはさっき、クソマズイ、
 オレンジジュース2杯も飲まされてよー
 気分わりいんだよ 怒
 ペッペッ!!」


オウケンブルースリ
「は、はうはう・・汗」



マジカルポケット
「早く持ってこいよオウケンさんよ。
 焼酎でもいいからよ」


オウケンブルースリ
「お、おまえは一体・・ダレ・・? 汗汗」



  - つづく –

サブコンテンツ