◆人生訓を笑わば穴二つ マジカルポケット 函館2歳ステークス



◆人生訓を笑わば穴二つ


函館2歳ステークス(G3)

1着マジカルポケット
2着マイネショコラーデ
3着ルリニガナ



【前回までのあらすじ】
2歳のマジカルは、レッドの前ではカワイイ子供だが
オウケンと二人っきりになると、極悪なガキに変わるのだった。



レッドディザイア
「オウケンくんが、マジカルくんにタバコとビールを
 飲ませたってことね・・? 怒」



オウケンブルースリ
「い、いや、ちが・・」



マジカルポケット
「ゴホッ!ゴホッ!泣
 くるちいよぉ~ 泣」


レッドディザイア
「・・・・」



オウケンブルースリ
「違うって! 汗
 レッド! 汗」


レッドディザイア
「ようわかった・・怒
 ・・・・
 オウケンくんを
 ”レッドカレーの刑”
 に処する・・・」


オウケンブルースリ
「そっ、それだけは!! 汗汗」


マジカルポケット
「ぷぷっ・・」



レッドディザイア
「今から材料を買ってくるから・・
 ちょっと待ってろや・・・怒」


オウケンブルースリ
「レ、レッドさん!
 話を聞いてく・・」



  バタン



オウケンブルースリ
「い、行ってしまった・・泣」


マジカルポケット
「ぎゃーはははは!!ww
 なんか大変そうですなあ!オウケンさんよぉ~ww」



オウケンブルースリ
「お、おまえは一体、何がしたいんだよ、もう・・ 泣」


マジカルポケット
「ゴクゴク・・・
 ぷはぁ~!
 やっぱビールうめ~!! 喜」


オウケンブルースリ
「オレをおとしいれて楽しいか・・?」



マジカルポケット
「ガサガサ・・
 シュボッ!
 ・・・・
 ・・・・
 フゥー・・・
 タバコうめ~!!喜」


オウケンブルースリ
「そんなおまえを見たら
 ジャングルポケット父さんも悲しむぞ?」


マジカルポケット
「オレは重賞勝ったからさあ!!
 父さんも喜んでるに違いないさ!
 ・・・・
 それよりオウケンさんよぉ、
 父さんはアンタを心配してんじゃねえか?
 ぎゃーははは!!ww」



オウケンブルースリ
「うっ・・
 返す言葉がない・・」


マジカルポケット
「それにしてもさあ
 あのレッドっちゅう女もアホだね!
 オレ様の演技にコロリと騙されてやんの!!ww
 オレ、役者デビューしようかなあ!ww」



オウケンブルースリ
「・・マジカルよ・・
 おまえは弟だから忠告するけどな
 オマエそんなことばっかやってたら
 いつか誰もおまえの言葉を聞いてくれなくなるぞ?」


マジカルポケット
「ぷぷ~~www
 人生訓ですかぁ~?
 オ・ジ・サ・ン」


オウケンブルースリ
「こ、この野郎・・
 プルプル・・怒」



マジカルポケット
「ふぅ~~
 酔っ払ってきたなあ~
 もうちょっとあの女、からかってから帰るとするか~
 しかし単細胞女だねえ
 まあオレが天才なだけ・・・」



  ガチャ!!



オウケンブルースリ
「!」


マジカルポケット
「!!」


レッドディザイア
「・・・全部聞かせてもらったよ・・・」



マジカルポケット
「は、はうっ!!汗」



  - つづく –

サブコンテンツ