◆なぜ人を助けてしまうのか オウケンブルースリ 函館2歳ステークス



◆なぜ人を助けてしまうのか


函館2歳ステークス(G3)

1着マジカルポケット
2着マイネショコラーデ
3着ルリニガナ



【前回までのあらすじ】
2歳のマジカルは、レッドの前ではカワイイ子供だが
オウケンと二人っきりになると、極悪なガキに変わるのだった
しかし調子に乗りすぎたマジカルは
レッドに一部始終を聞かれてしまう



マジカルポケット
「あの女もバカだよなぁ~ww
 オレの演技にコロッとだまされてよぉ~ww
 グビグビ・・・
 ぷはぁ~!
 ビールうめ~!! 喜
 まあアンタもおめでたいけどなww
 なあオウケンさんよぉ~ ケケケww」


オウケンブルースリ
「ク、クソガキが・・ 怒」



  ガチャ!!



オウケンブルースリ
「!」


マジカルポケット
「!!」



レッドディザイア
「・・・全部聞かせてもらったよ・・・
 マジカル君・・どういうことか説明して・・怒」



マジカルポケット
「あ、いや・・ 汗」


レッドディザイア
「言えないの? 怒」


マジカルポケット
「いや、その・・汗」



レッドディザイア
「言えないならしょうがないね。
 レッドデコピンの刑・・・
 これを2歳の子供にやるのは気が引けるけど・・」


マジカルポケット
「・・くっ・・ 汗」


レッドディザイア
「さあ、おいで・・怒」


マジカルポケット
「ううっ・・」



オウケンブルースリ
「あ、あのさ!!
 レッド!スマン!!」


マジカルポケット
「?」


レッドディザイア
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ほ、ほんとはさ!
 マジカルにビールやタバコ飲ませたの、オレなんだ! 汗
 レッドへの暴言も
 オレの言うとおりに言えって、無理やり言わせたんだ! 汗」



マジカルポケット
「!?」


レッドディザイア
「・・・・」


オウケンブルースリ
「だ、だから悪いのはオレでしたー! 汗
 ちょっと遊んでみたんだよぉーん! 汗
 許して♪ ね?」



レッドディザイア
「・・・・
 ・・・そう・・」


オウケンブルースリ
「そうなんです! 汗」


レッドディザイア
「・・・・
 ・・わかった。
 じゃあオウケンくん、レッドデコピンの刑を甘受するね?」


オウケンブルースリ
「いたしかたあるまい・・ 泣
 さあ!
 かかってこいやぁ~!! 涙」



  バッチーン!!



オウケンブルースリ
「ぐはぁ~!! 涙」


マジカルポケット
「・・オ、オウケ・・」


レッドディザイア
「・・・・」


オウケンブルースリ
「オ、オデコがぁ~!
 痛いよー 泣」



レッドディザイア
「・・自分で薬局行って、薬でも買ってこいや・・ 怒
 ・・行け・・」


オウケンブルースリ
「は、はひ・・ 泣
 行ってきます・・涙」



マジカルポケット
「・・オ、オウケン・・
 どうして・・」



レッドディザイア
「・・・・」



  - つづく –

サブコンテンツ