◆強制撤去の巻 マツリダゴッホ クイーンステークス



◆強制撤去の巻


クイーンステークス(G3)

1着アプリコットフィズ
2着プロヴィナージュ
3着カウアイレーン
    :
8着ヒカルアマランサス



【前回までのあらすじ】
クイーンSを1番人気で負けたヒカルは
夢いっぱいに語るフィズとアパパに絡む。
その後、仲間を集めてアパパ襲撃の計画中、ゴッホさん乱入。



ヒカルアマランサス
「ハァ・・
 付き合ってられねえな・・このオッサンには・・」



店員
「お水をお持ちしました」


ヒカルアマランサス
「ホラ、ゴッホさんの飲み物がきましたよ・・」



マツリダゴッホ
「むっ!!
 なぜワシだけ水なのだ! この有馬記念連覇した名馬が、なぜ!!」


ヒカル軍団員
「テメー有馬連覇してねえだろうが!!怒
 盛ってんじゃねえ!」



マツリダゴッホ
「水なんか飲まないもんっ!!」


ヒカル軍団員
「かわいくねえよっ!!怒」



マツリダゴッホ
「むむっ!!
 こんな所に、メロンソーマツリダが!!喜
 ゴクゴク・・・
 プハァ~!!
 うマツリダ! 喜」



ヒカル軍団員
「ああ・・
 ヒカルさんのメロンソーダを・・怒」


ヒカルアマランサス
「・・・怒」



マツリダゴッホ
「ふぅ~。
 ・・・・
 ・・・・
 ・・で、何の用マツリダ?」



ヒカル軍団員
「テ、テメーが乱入してきたんだろうがっ!!怒」


マツリダゴッホ
「そうだったかマツリダ?」


ヒカル軍団員
「・・ハァー・・怒
 ・・・・
 ヒカルさん、コイツどうします?」


ヒカルアマランサス
「・・ゴッホさん・・
 お引取りください・・
 さもなくば・・」



マツリダゴッホ
「さもなくマツリダ?」


ヒカル軍団員
「こっ・・!! 怒」


ヒカルアマランサス
「・・わかりました・・
 では強制退場を願います・・」


マツリダゴッホ
「ん?」



ヒカルアマランサス
「・・・・
 ・・・・
 キャーーー!!!泣
 チカンーー!!
 誰か警察を呼んでくださいーー!!泣」



マツリダゴッホ
「む?」



警察
「どうされましたかっ!!」


マツリダゴッホ
「警察早いなマツリダ 笑」



ヒカルアマランサス
「こ、この人、変態なんですっ!!泣
 急に現れて、私たち女の子のいるテーブルの下に
 もぐりこんで後頭部を強打し
 その後、私のメロンソーダを、舐めくりまわすように飲んだんですっ!!泣
 あたし怖くて震えていたんです・・・泣」



警察
「そうでしたか・・。
 さぞ怖かったでしょう
 でも我々、警察が来たからには、もう安心ですっ!」


ヒカルアマランサス
「あにがとうごないますぅ~♪」


警察
「でへへ・・
 ・・・・
 むむっ!!
 キサマが変質者だな!
 話は署で聞こう!
 さあ来いっ!!」



マツリダゴッホ
「い、いやワシは悪いことは何もしてマツリダ 汗」


警察
「うるさいっ!!
 さっさと来いこの変態野郎!!」


マツリダゴッホ
「ご、誤解マツリダ 泣」



  - つづく –

サブコンテンツ