◆朝日杯フューチュリティS2011予想⇒ダローネガ⇒悪い言葉より沈黙の方がずっとマシ



【ダローネガ】

○Dahlonega
○馬名 意味由来⇒ 椿の品種名
○2歳 男の子 鹿毛
○父ダイワメジャー
○レース間隔 : 9週
○調教師2011順位:15位
○中山芝 未経験
○全成績 2-1-0-1
○単勝回収率 160%
○複勝回収率 105%
○新潟2歳は外枠有利の馬場で痛恨の1枠。それでも4着
○前走は大出遅れ。慣れない追い込み。ロスの多い競馬でも差のない2着
○中山1600で先行力は大きな武器。内枠キボンヌ。



◆悪い言葉より沈黙の方がずっとマシ



≪トレセンにて≫



ダローネガ
「こ、この坂道を登れば、今日の練習終わりだ・・がんばローネ・・ゼェゼェ」


アーネストリー
「・・よし。53.2秒か。まずまずだな。もう上がっていいぞ、ダロ」


ダローネガ
「ハァハァ・・ 疲」



アーネストリー
「中山1600だから、枠順にもよるが、力関係からは、そこそこ行けそうだな、ダロ」


ダローネガ
「そ、そうダローネ 喜」



アーネストリー
「ああ。オレがおまえくらいの子供の頃は、大舞台で走れなかったから、おまえの応援が楽しみだよ」


ダローネガ
「う、うん。でもリーさんもデビュー戦ではトールポピーに楽勝したんでしょ?」


アーネストリー
「まあな」



ダローネガ
「虚弱体質じゃなかったら、FSや皐月賞を勝ってたダローネ!きっと」


アーネストリー
「・・たらればは勝負の世界では不要さ」


ダローネガ
「・・そっか」



アーネストリー
「まあとにかくな。晶ちゃん先生のためにも、今はオレとおまえががんばらんとな」


ダローネガ
「うん!ぼくらの他には、セーラームーンくらいしかいないしね」


アーネストリー
「・・シ、ショウリュウムーンだぞ 汗」




小学校の悪ガキ
「おーい!ダロww」


ダローネガ
「あ・・」



小学校の悪ガキ
「おまえ、FSに出るんだってなww」


ダローネガ
「う、うん・・」



小学校の悪ガキ
「前走みたいに豪快に出遅れないようになww」


ダローネガ
「うう・・ 泣」


小学校の悪ガキ
「中山の直線は短いからなーww じゃあなww」



ダローネガ
「・・・・ 泣」


アーネストリー
「・・・・」



ダローネガ
「・・ク、クソッ!あいつら!許さない! 泣」


アーネストリー
「・・・・」



ダローネガ
「FSを勝って、ヒーローインタビューで、あいつらの恥ずかしい秘密を全部バラしてやる! 泣」


アーネストリー
「・・・・」



ダローネガ
「・・バカ野郎どもが・・ 泣」


アーネストリー
「・・・・」


ダローネガ
「・・・・泣」



アーネストリー
「・・ダロ。負けん気は大事だ。だがな、言葉には気をつけろ」


ダローネガ
「え・・」



アーネストリー
「言葉には魂が宿るからだ」


ダローネガ
「・・・・」



アーネストリー
「汚い言葉は、直接的に相手との関係を破壊するだけでなく、自分自身をも破壊するんだ」


ダローネガ
「・・・・」



アーネストリー
「自分が発した汚い言葉、ネガティブな言葉は、おまえ自身を悪い方向へ洗脳するだろう」


ダローネガ
「・・・・」



アーネストリー
「だから言葉には気をつけなければならない」


ダローネガ
「・・・・」



アーネストリー
「ムカついた時でも、汚い言葉を発するよりは、黙っていたほうが100倍マシだ」


ダローネガ
「・・・・」



アーネストリー
「これはスピリチュアルとかいう次元ではなく、科学的に証明できる事だ」


ダローネガ
「・・・・」



アーネストリー
「わかったなダロ。まあ・・そういう事さ」


ダローネガ
「・・そういうことダローネ」


アーネストリー
「・・・・」



ダローネガ
「そんなことわかってんダローネ。でも愚痴りたくなっちゃうんダローネ」


アーネストリー
「・・・・」



ダローネガ
「リーさんが言ってる事は、論理的には正しいんダローネ」


アーネストリー
「・・・・」



ダローネガ
「でもそれができるのは、少数の人格者だけダローネw」


アーネストリー
「・・・・」



ダローネガ
「いい話だったけど、ツメが甘かったネw」


アーネストリー
「・・・・(プルプル)」



ダローネガ
「きっとリーさんも、たまにはカッコイイこと言いたかったんダローネww」


アーネストリー
「・・こ、このクソガキがぁぁーー!!怒」



ダローネガ
「お、落ち着いた方がいいんダローネ 汗」


アーネストリー
「うるせぇっ!このガキ!ぶちころしてやる! 怒」



ダローネガ
「き、汚い言葉はダメなんダローネ! 汗」


アーネストリー
「黙れやぁ!ガキがぁー!ガスガス! 蹴」



ダローネガ
「い、痛い・・。やっぱり言葉には気をつけヨーネ 泣」



– つづく –

サブコンテンツ