◆比較から悲観が始まる マツリダゴッホ クイーンステークス



◆比較から悲観が始まる


クイーンステークス(G3)

1着アプリコットフィズ
2着プロヴィナージュ
3着カウアイレーン
    :
8着ヒカルアマランサス



【前回までのあらすじ】
クイーンSを1番人気で負けたヒカルは
夢いっぱいに語るフィズとアパパを恨む。
その後、仲間を集めてアパパ襲撃の計画中、ゴッホさん乱入。
しかしヒカルの策謀により警察を呼ばれてしまうのだった



ヒカルアマランサス
「おまわりさんっ!
 この人、変態なんですっ!
 私のメロンソーダを
 舐めくりまわすように飲んだんですっ!!泣」



警察
「キサマ!!
 署まで来いっ!!」


マツリダゴッホ
「ご、誤解マツリダ 汗」



ヒカルアマランサス
「ホントなんですっ!
 その人は人間の・・
 ・・いや、馬のクズなんですっ!!泣」


マツリダゴッホ
「・・・・」


警察
「まずは署で話を聞こうか 怒」



マツリダゴッホ
「・・ヒカル氏」


ヒカルアマランサス
「?」


マツリダゴッホ
「おぬしの人生は
 おぬしのものだマツリダ」


ヒカルアマランサス
「は?」


マツリダゴッホ
「フィズとアパパが活躍しても、しなくても
 それによって、おぬしの心を揺らす必要はない」



ヒカルアマランサス
「何言ってんの? 怒」


マツリダゴッホ
「比較から悲観が始まる。
 自己の価値は、他者との比較によって測るものではないマツリダ」



ヒカルアマランサス
「何が言いたいんですか? 怒」


マツリダゴッホ
「わかりやすく言おうマツリダ」



ヒカル軍団員
「早く言えよ!! 怒」



マツリダゴッホ
「例えば紅白歌合戦で
 サブちゃんが大トリだからといって
 エグザイルの価値が損なわれるものではないということだマツリダ」



ヒカル軍団員
「かえってわかりにくくなってんじゃねえか!!怒」


マツリダゴッホ
「きたじマツリダ」


ヒカル軍団員
「うるせーよっ!!怒」



マツリダゴッホ
「きたじマチュリダ」


ヒカル軍団員
「かわいくねえよっ!!怒」


マツリダゴッホ
「カワイイ♪」



警察
「おいキサマ!!
 さっきから何わけわからんこと言っとるか!!
 早く来い!!怒」


マツリダゴッホ
「う・・ 汗」


ヒカル軍団員
「早く行けバーカww」



ヒカルアマランサス
「・・・・」



マツリダゴッホ
「・・ヒカル氏
 他人のことはどうでもいい。
 ただ自分が輝く努力を淡々と積み上げればいいのだ」


ヒカルアマランサス
「・・・・」



マツリダゴッホ
「おぬしはもう、わかっているはずだマツリダ」


ヒカルアマランサス
「・・・・涙」



マツリダゴッホ
「わざわざ苦しんで生きる必要はないマツリダ」


ヒカルアマランサス
「・・はい・・ 涙」


ヒカル軍団員
「ヒカルさん・・?」



マツリダゴッホ
「さあ。
 もういいから、深呼吸でもして
 気分を変えようマツリダ。
 このように両手を大きく上に上げて・・・」



  ゴンッ



警察
「うぐっ・・!!」



ヒカル軍団員
「ギャーハハハハ~ww
 警官に裏拳ヒットさせてんじゃねえよ~ww
 それはヤベーだろーw
 ギャーッハハハハww」



警察
「キ、キサマー!!
 公務執行妨害で逮捕するっ!!怒」



  ガチャン



マツリダゴッホ
「むむっ 汗」


ヒカル軍団員
「ギャーハハハーww
 手錠かけられてんじゃねえか~ww
 その姿、サイコー!!!ww」


警察
「さあ署まで来いっ!!怒」


マツリダゴッホ
「わ、わざとではマツリダ 汗」



ヒカルアマランサス
「・・・・ 汗」



  - つづく –

サブコンテンツ