◆男なら2時間前に集合 アーネストリー 札幌記念



◆男なら2時間前に集合


札幌記念(G2)

1着アーネストリー
2着ロジユニヴァース
3着アクシオン



~9:45 喫茶店にて~



エスポワールシチー
「お、もう来てたのか
 早いな」



アーネストリー
「おまえこそ早いな。
 約束は10:00だぜ?
 さすが、強い馬ってのは時間を守るのかな
 フッ」


エスポワールシチー
「そういうおまえは
 何時に来たんだ?」



アーネストリー
「8:00だ」


エスポワールシチー
「そ、それは早すぎないか? 汗」


アーネストリー
「男たるもの、他者を待たせるなんて言語道断。
 オレは常に2時間前集合だぜ。
 おかげでコーヒー5杯目だ」



エスポワールシチー
「そ、そうか 汗
 ・・・・
 あ、札幌記念おめでとう。
 鬼のように強かったじゃないか」


アーネストリー
「フン。
 よく言うぜ。
 まだまだおまえの勝ちっぷりには敵わねえな」



エスポワールシチー
「いやいや、1番人気を背負っての先行押し切りってのは
 相当に強さが求められるからな。
 大したもんだよ」


アーネストリー
「フン。
 男なら先行。
 先行策こそ男」


エスポワールシチー
「そ、そうだな 汗」



アーネストリー
「マークされようが
 あえて先行し、後ろからセコくチャンスを狙う馬たちを
 ちぎり捨てるスタイルこそが、真の男だ」


エスポワールシチー
「そ、そうか 汗
 あいかわらず、まっすぐな男だな 汗」



  ~10:30~



アーネストリー
「・・・・
 ・・・・
 それにしても、オウケンはまだか? 怒
 もう30分も遅刻だぜ? 怒」


エスポワールシチー
「う、うむ 汗
 あいつは、おおらかな性格ってゆうか 汗」



  カランコロ~ン



オウケンブルースリ
「やあやあみなさん!
 早いな~
 まだ10:30だよ? 笑」



アーネストリー
「・・・・怒」


エスポワールシチー
「久しぶりだな、オウケン」


オウケンブルースリ
「おおーエスポー!
 あいかわらず筋肉ムキムキだなぁ~ 笑」


エスポワールシチー
「フッ」



アーネストリー
「・・・・怒」


オウケンブルースリ
「おお!
 アーネスト!
 札幌記念見たぞ!
 おまえもなかなか強くなってきたじゃん!」


アーネストリー
「・・・・」


オウケンブルースリ
「ん?」



アーネストリー
「・・その前に謝罪じゃないのかい? 怒」


オウケンブルースリ
「え・・ 汗」



アーネストリー
「こっちはもう二時間半も待ってるんだぞ・・怒」


オウケンブルースリ
「い、いや・・
 30分しか遅れてないんスけど 汗」



エスポワールシチー
「こいつは8:00に来たらしい」


オウケンブルースリ
「ププッ 笑
 10:00の約束で
 8:00にくるかね~笑
 キッチリしてるなあ、アーネスト」



アーネストリー
「・・・・
 男ならまず謝罪しろ 怒」


オウケンブルースリ
「お、男・・?」



エスポワールシチー
「コイツなりの男の美学があるらしい」


オウケンブルースリ
「そ、そうか 汗
 なかなかめんどくさそうな展開を予感するなぁ 汗」



  - つづく –

サブコンテンツ