◆愛を金で買う アーネストリー 札幌記念



◆愛を金で買う


札幌記念(G2)

1着アーネストリー
2着ロジユニヴァース
3着アクシオン



【前回までのあらすじ】
エスポ、オウケン、アーネストは
喫茶店で待ち合わせ。
しかしアーネストの過剰な男気にオウケンくんピンチ。



アーネストリー
「では次に
 なぜ二時間半も遅刻したのか、その理由を説明せよ」



オウケンブルースリ
「だ、だから、そのうちの2時間は
 チミが勝手に早く来ただけでしょ? 汗」


アーネストリー
「・・早く答えろ 怒」



オウケンブルースリ
「え、えっとぉ~
 実は昨日さあ、キャバクラで遅くまで遊びすぎて
 寝坊したのでした!
 てへっ」



アーネストリー
「・・・・」


オウケンブルースリ
「お、男なら誰しもそれくらいの遊びするじゃん! 汗」


アーネストリー
「・・・・」


オウケンブルースリ
「ね?」



アーネストリー
「・・・金を払って愛を買う・・・」


オウケンブルースリ
「え?」



アーネストリー
「キサマは金で愛を買うのかと聞いているのだ 怒」


オウケンブルースリ
「い、いやそんな大げさな話じゃなくてさー 汗
 単にキレイな女がいると酒がうまいっつーかさー 汗
 わかるだろ? 汗」



アーネストリー
「・・・・
 ・・信じられん・・」


オウケンブルースリ
「そう?」



アーネストリー
「かんっっっがえられへん!!怒」


オウケンブルースリ
「キ、キム兄? 汗」



アーネストリー
「キサマ・・擬似恋愛に浸っているうちに
 真の愛とは何なのか見失うぞ!!怒」


オウケンブルースリ
「だ、だからみんな軽い気持ちで行くじゃんか 汗」



アーネストリー
「許せん・・怒
 キサマには教育が必要なようだな・・怒
 もう喫茶店は出ようか・・・
 エスポも」


エスポワールシチー
「うむ」



オウケンブルースリ
「エ、エスポいたの? 汗
 しばらくしゃべってないよね? 汗」



アーネストリー
「伝票をよこせ」


オウケンブルースリ
「あ!おごってくれるの? 喜」


アーネストリー
「支払いは男がするものだ。
 オレは真の男だから
 オレが払う。
 伝票を貸せ」


オウケンブルースリ
「あたーっす! 喜」



  - つづく –

サブコンテンツ