◆あえて損の道を行く人々が社会を支えている アーネストリー 札幌記念



◆あえて損の道を行く人々が社会を支えている


札幌記念(G2)

1着アーネストリー
2着ロジユニヴァース
3着アクシオン



【前回までのあらすじ】
エスポ、オウケン、アーネストは
喫茶店で待ち合わせ。
しかしアーネストの過剰な男気にオウケンくんピンチ。



アーネストリー
「さあおばあちゃん。
 重い荷物は若者のボクが持ちますよ。
 貸してください。
 ホラ、遠慮しないで!
 グイッ」



おばあちゃん
「う、うぎゃーー!!
 ど、泥棒じゃあーー!!」


アーネストリー
「・・え? 汗」


おばあちゃん
「年寄り扱いせんでくれんかっ!!怒
 ワシは自分の荷物くらい自分で持てるんじゃ!!怒」


アーネストリー
「す、すみません・・落」


おばあちゃん
「ケッ。
 これだから最近の若者は・・ブツブツ」


アーネストリー
「も、申し訳ありませんでした・・落」



オウケンブルースリ
「ぎゃーはははは 笑
 アーネスト、せつないシーンだったな! 笑」


アーネストリー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「まあよ、そんなこともあるわな。
 気にすんなって」


アーネストリー
「オレは・・・」


オウケンブルースリ
「ん?」


アーネストリー
「オレは・・・間違っているんだろうか・・・」


オウケンブルースリ
「何が?」



アーネストリー
「オレは自分の価値観を、
 無理やり他人に押し付けているのだろうか?
 男気は逆に、他者に迷惑なものなのだろうか?
 ・・・・
 なあ・・エスポ・・
 教えてくれ・・・」



エスポワールシチー
「う、うむ。
 確かに男気は強制するものではないしな・・・」


アーネストリー
「・・だよな・・
 ・・・・
 やっぱりオレは間違っていたんだな・・・」


エスポワールシチー
「・・そうかもしれんな」


アーネストリー
「・・・・」


エスポワールシチー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「そんなことねえよ」


アーネストリー
「?」



オウケンブルースリ
「そんなことない。
 この世から、男気や仁義が無くなったらつまんねえよ」


アーネストリー
「オウケン・・・」



オウケンブルースリ
「みんなクールに他人のことは考えず
 合理性だけを追求する社会?
 オレはそんな社会、ちっとも楽しくないと思うぜ?」


アーネストリー
「・・・・」


オウケンブルースリ
「”あえて損の道を行く男気”
 そういう心意気を持った多くの人たちが
 今の社会を支えているんだろう?
 決して一部の成功者が社会を支えているわけじゃないんだ」



エスポワールシチー
「その通りだ」


アーネストリー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「優しい社会にしようぜ
 オレたちにできる範囲でさ」


アーネストリー
「・・そうだな・・泣」



オウケンブルースリ
「・・・・
 ・・あ、オレちょっとこの後、用事あるから帰るわ。
 じゃあな、アーネスト
 あんま気にすんなよ」


アーネストリー
「ああ。
 ありがとうオウケン・・・」



エスポワールシチー
「・・・・
 フッ。
 ああいう奴なのさ」



アーネストリー
「・・・あいつこそ、真の男なのかもしれないな。
 フッ」



~オウケンくん帰り道~



オウケンブルースリ
「ああ~
 ヤベー。
 今日は借金の返済日だってこと忘れてたぜ!
 ・・・・
 しかし返済の財源がないぞ・・・
 どうしよう・・・
 ・・・・
 ん?
 こんなところに財布がっ!!
 ・・どれどれ中身は・・・おおっ!!
 結構入ってる・・喜
 これで借金返済できるどー!!
 男はチャンスをつかむのだー!!
 おっしゃーー!!」



  - つづく –

サブコンテンツ