◆松屋は100万で足りるでござるか? シゲルシャチョウ 小倉2歳S



◆松屋は100万で足りるでござるか?


小倉2歳S(G3)

1着ブラウンワイルド
2着シゲルキョクチョウ
3着スギノエンデバー
    :
7着シゲルシャチョウ



~引き続き、松屋にて~



シゲルシャチョウ
「よし。
 この昼食はわが社の経費で落ちることになった。
 さっそく店に入るでござる」


シゲルキョクチョウ
「はい!
 では入店しますぞ、社長!」



ブラウンワイルド
「おいおい、オマエラ
 まず食券を買えよ」


シゲルシャチョウ
「むむっ!
 なんだそれは」



ブラウンワイルド
「し、知らねえのかよ 汗
 松屋は食券を先に買うんだよ」


シゲルシャチョウ
「なぜじゃ?」


ブラウンワイルド
「知るかっ!! 怒
 会計を円滑にしたり
 オーダーミスを無くすための工夫だろ、たぶん」


シゲルシャチョウ
「ほほう。
 ・・・それ使えるでござるな。
 部長!!
 さっそくわが社にも食券方式を導入するでござるっ!!」



シゲルキョクチョウ
「・・・・」


シゲルシャチョウ
「どうした部長!!
 返事をせんかいっ!!」



ブラウンワイルド
「だからそいつは局長だって 笑」


シゲルシャチョウ
「はうっ!!汗
 ス、スマン!!
 ワシとしたことがっ!!汗」


シゲルキョクチョウ
「いいんですっ!!社長!
 私は何も気にしてはおりませぬ!! 泣」



ブラウンワイルド
「てゆうか早く食券買えよ! 怒」


シゲルシャチョウ
「むむっ。
 それもそうじゃな。
 ぶちょ・・いや局長!
 食券を買うでござるっ!!
 金を用意せよっ!」


シゲルキョクチョウ
「はいっ!
 いかほど?」



シゲルシャチョウ
「うむ。
 松屋という店は初めてなので値段がわからんが
 100万の束が1本あれば足りると思うでござる」


シゲルキョクチョウ
「はいっ!
 わかりました!
 ではアタッシュケースより、100万の束を出しまするっ!」
 ・・ゴソゴソ
 ・・どうぞっ!」



シゲルシャチョウ
「うむ。
 では100万で足りるような肉を買うでござる。
 ・・・・
 ・・・・
 むむっ!
 ぶちょ・・局長!!
 どうやって食券を買うかわからんでござる! 汗」


シゲルキョクチョウ
「私もわかりませぬ!! 汗」



ブラウンワイルド
「はあ・・・
 いつになったらメシ食えるんだろうか・・泣」



  - つづく –

サブコンテンツ