◆牛丼なのに肉が乗ってないでござる シゲルシャチョウ 小倉2歳S



◆牛丼なのに肉が乗ってないでござる



小倉2歳S(G3)

1着ブラウンワイルド
2着シゲルキョクチョウ
3着スギノエンデバー
    :
7着シゲルシャチョウ



【前回までのあらすじ】
松屋に食事に来た3頭は
社長が食券を買おうとするも、買い方がわからないのだった。



~引き続き、松屋にて~



シゲルシャチョウ
「100万円の束を入れても肉が出てこんでござるっ!怒
 どうなっとるんじゃあ!!怒」



シゲルキョクチョウ
「も、申し訳ございませぬ 汗
 早急に本社の方に問い合わせて・・・」



ブラウンワイルド
「ハァー・・・
 社長さんよお、その100万の束から1万だけ取り出してくれ」


シゲルシャチョウ
「むむっ!
 たった1万でどうするつもりじゃ!
 秘策があるでござるかっ?
 ・・・・
 ホレ、1万」



ブラウンワイルド
「まず1万を入れるだろ?
 で、3人分の食券ボタンを押す。
 ピッ
 パサッ
 はい。
 これでOK
 さあ行くぞ、バカ殿」



シゲルシャチョウ
「おおっ!!
 いとも簡単に食券を! 驚
 すごいでござる!」


ブラウンワイルド
「だろ?
 早く食おうぜ」



シゲルシャチョウ
「・・・・
 ワイルドくん・・」


ブラウンワイルド
「ん?」



シゲルシャチョウ
「お釣りを返すでござる」


ブラウンワイルド
「よ、よく見てるんだな 汗
 はいはい。
 これお釣りな」


シゲルシャチョウ
「うむ。
 ・・・・
 ワイルドくん・・」



ブラウンワイルド
「まだ何か? 汗」


シゲルシャチョウ
「どさくさに紛れて、自分の分の食券も買ったな」


ブラウンワイルド
「よ、よく見てるのね 汗
 いいじゃんそれくらいー
 さあ食おうぜー 汗」



シゲルシャチョウ
「・・・局長
 わが社の経理担当者に連絡して
 今の食券代を
 貸付金として処理させておけ」


シゲルキョクチョウ
「はいっ!!」



ブラウンワイルド
「こ、細かいっ!汗
 さすが社長業だなっ!汗」



  ~店内にて~



ブラウンワイルド
「さあ社長さんよ
 牛丼だぜ。
 遠慮なく食ってくれ」


シゲルシャチョウ
「遠慮なく・・?
ワシの自腹で買ったでござる」



ブラウンワイルド
「御社の経費で買ってましたよね? 汗」


シゲルシャチョウ
「ほほう。
 これが牛丼でござるか
 むむっ!!
 肝心の牛肉が乗っておらんでござるっ!!怒」


ブラウンワイルド
「乗ってるじゃん 汗」



シゲルシャチョウ
「ん?
 この小さい肉のことでござるか? 汗
 小さすぎて、そぼろかと思ったでござる・・・」


ブラウンワイルド
「ふ、普段どんだけデカイ肉を食ってんだよ 汗」



  - つづく –

サブコンテンツ