◆ふるさとに帰りたいでござる シゲルシャチョウ 小倉2歳S



◆ふるさとに帰りたいでござる



小倉2歳S(G3)

1着ブラウンワイルド
2着シゲルキョクチョウ
3着スギノエンデバー
    :
7着シゲルシャチョウ



【前回までのあらすじ】
松屋に食事に来た3頭は
食券を買うのに苦戦するも、なんとか牛丼までたどり着いたのだった



~引き続き、松屋にて~



シゲルシャチョウ
「むう。
 こんなに小さい牛肉は初めて見たでござる」



ブラウンワイルド
「ふ、普通だろ 汗
 やっぱ社長はデカイ肉を食ってんだな 汗」


シゲルシャチョウ
「まあとりあえず、頂いてみることにするでござる。
 モグモグ
 ・・・・
 ・・・・」



シゲルキョクチョウ
「社長!
 いかがですかっ!」


ブラウンワイルド
「まあ松屋の牛丼だからな
 社長様のお口には合わんかもしれんなあ」



シゲルシャチョウ
「モグモグ・・
・・・・」



ブラウンワイルド
「どうだ?
 イマイチ?」



シゲルシャチョウ
「・・・・涙」


ブラウンワイルド
「な、なんで泣いてんの? 汗」



シゲルシャチョウ
「・・・懐かしい味でござる・・泣
 戦後の復興期・・・
 食べるものが無かった極貧の時代に、仕方なく食べた牛肉の味でござるっ・・泣」



ブラウンワイルド
「戦後復興期に牛肉とか食ってたのか 汗
 しかもイヤイヤ食ってたのか? 汗」


シゲルシャチョウ
「ワシにもそんなストイックで貧乏な時代があったのでござる 泣」


ブラウンワイルド
「ス、ストイック・・? 汗」



シゲルシャチョウ
「ああ、故郷の母上・・
 わがふるさと・・・
 帰りたい・・・
 帰れない・・・泣」



ブラウンワイルド
「帰りたいなら帰れよ 笑」



  - つづく –

サブコンテンツ