◆ワインと牛丼でおなかいっぱいでござる シゲルシャチョウ 小倉2歳S



◆ワインと牛丼でおなかいっぱいでござる



小倉2歳S(G3)

1着ブラウンワイルド
2着シゲルキョクチョウ
3着スギノエンデバー
    :
7着シゲルシャチョウ



【前回までのあらすじ】
松屋に食事に来た3頭は
食券を買うのに苦戦するも、なんとか牛丼までたどり着く。
牛丼を食べた社長は、戦後を熱く語り始めるが
局長は居眠りしてしまうのだった



~引き続き、松屋にて~



シゲルシャチョウ
「国のために勇敢に戦った若者を悪者にしてはならんでござるっ!!泣
 真実の歴史を取り戻すでござるっ!!泣」



シゲルキョクチョウ
「・・・Zzzz・・・」


ブラウンワイルド
「きょ、局長! 汗
 社長のありがたいお話しなんだろ?汗
 うたた寝してたらクビになるぞっ! 汗」



シゲルシャチョウ
「自国への誇りを捨ててはならんでござるっ! 泣」



シゲルキョクチョウ
「・・・Zzzz・・・
 フゴッ!!」



シゲルシャチョウ
「ん?
 局長、どうしたでござるか?」


ブラウンワイルド
「あーあ。
 オラ知らね ボソッ」



シゲルシャチョウ
「・・・局長・・・
 今ワシが話してたことの感想を言ってみるでござる・・ 怒」



シゲルキョクチョウ
「ハッ!!汗
 はいっ!!汗
 ・・・・
 お、おいしい牛丼でござりまするっ!汗」



ブラウンワイルド
「あちゃー・・・」


シゲルシャチョウ
「局長・・・
 ワシは悲しい・・・
 片腕と思っていた部下に、よもや居眠りをされるとはな・・・」



シゲルキョクチョウ
「しゃ、社長! 汗
 これには海よりも深いワケがっ!!汗」


シゲルシャチョウ
「聞いてなかったのであろう? 怒」


シゲルキョクチョウ
「き、聞いておりましたっ!!」



シゲルシャチョウ
「では”WGIP”はなんの略であったか?」


シゲルキョクチョウ
「は、はいっ・・・
 ・・えーと・・汗」


ブラウンワイルド
「きょ、局長!
 正解は
 ウォー・ギルト・インフォ・・・」



シゲルシャチョウ
「早く答えんかいっ!怒」



シゲルキョクチョウ
「は、はいっ!!汗
 ・・・・
 W→ ワインと
 G→ 牛丼でおなか
 IP→ いっぱい
 ・・・・
 ・・・・
 でございますっ!汗」



ブラウンワイルド
「う、うまいっ! 笑
 けどクビ確定だな 笑」



シゲルシャチョウ
「局長・・・
 残念でござる・・・」


シゲルキョクチョウ
「しゃ、社長ー!! 汗」



  - つづく –

サブコンテンツ