◆(株)シゲルから出ていくでござる シゲルシャチョウ 小倉2歳S



◆(株)シゲルから出ていくでござる



小倉2歳S(G3)

1着ブラウンワイルド
2着シゲルキョクチョウ
3着スギノエンデバー
    :
7着シゲルシャチョウ



【前回までのあらすじ】
松屋に食事に来た3頭。
牛丼を食べた社長は、戦後を熱く語り始めるが
局長は居眠りしてしまい、社長の逆鱗に触れるのだった



~引き続き、松屋にて~



シゲルシャチョウ
「・・・局長よ・・
 ワシが戦後日本の憂いを語る時に、居眠りとはな・・怒」



シゲルキョクチョウ
「も、申し訳ございませぬっ!!泣」


シゲルシャチョウ
「ようわかった・・・怒」


シゲルキョクチョウ
「しゃ、社長!!泣
 許してくださいっ!!泣」



ブラウンワイルド
「・・・なあ社長さんよ
 局長だって疲れてただけだろ?
 小倉2歳Sでも早いペースで逃げて最後までがんばってたしさ」


シゲルシャチョウ
「うるさいわっ! 怒
 ブラウン君は黙ってるでござるっ! 怒」


ブラウンワイルド
「・・はーい・・」



シゲルシャチョウ
「局長や・・。
 もうどこへでも好きな所へ行くがいい・・。
 眠くならない話をしてくれる上司のいる所にでも」


シゲルキョクチョウ
「しゃ、社長!!泣」


シゲルシャチョウ
「早く行くでござる・・
 もうワシの前に姿を見せるでない・・・」



シゲルキョクチョウ
「社長ー!! 泣」


シゲルシャチョウ
「・・・・」



シゲルキョクチョウ
「社長ー!!!号泣」


シゲルシャチョウ
「・・・・」



ブラウンワイルド
「き、気まずい・・ 汗
 なぜオレはここにいるんだろうか 汗」


シゲルシャチョウ
「・・・早く去るでござるっ!!怒怒」



シゲルキョクチョウ
「う・・・
 うわぁーーん!!号泣」



ブラウンワイルド
「猛ダッシュで去って行った・・・
 いいのか、社長?」


シゲルシャチョウ
「・・・・」



~河川敷にて~



シゲルキョクチョウ
「うわぁーーん!!号泣」



 局長は走った
 流れ落ちる涙を
 ぬぐう事もせずに・・



シゲルキョクチョウ
「ううー 泣
 社長ーー! 泣」



  ドンッ



ガラの悪い馬たち
「おいコラ!
 どこ見て歩いとんじゃ・・・」



  - つづく –

サブコンテンツ