◆私がそこに存在する理由 エイシンフラッシュ ローズステークス



◆私がそこに存在する理由



ローズステークス(G2)

1着アニメイトバイオ
2着ワイルドラズベリー
3着エーシンリターンズ
4着アパパネ



【前回までのあらすじ】
フラッシュは密かにアパパネに想いを寄せていたが
アパパネとキングダムの微妙な関係に、危機感を募らせるのだった



エイシンフラッシュ
「と、とにかく二人は単なる腐れ縁ってことだね? 汗
  カシャッ!」


アパパネ
「あああ、当たり前でしょー 汗
 フラッシュがまぶしいし!」



ローズキングダム
「AMだ」


エイシンフラッシュ
「は?」


ローズキングダム
「当たり(A)前(M)だ」



アパパネ
「それはさっきやったからもういいよ。
 さぶっ」


ローズキングダム
「さぶいとは何事だ」



エイシンフラッシュ
「そ、そうだよね。
 あのアパパちゃんが、こんなキングダムを好きとか
 あるわけない!
   カシャッ!
 ・・・・
 ・・・あれ?」


アパパネ
「どしたの?」



エイシンフラッシュ
「デ、デジカメの充電が無くなった! 汗」


ローズキングダム
「どうでもいいじゃん 笑」



エイシンフラッシュ
「どうでもよくないっ! 汗
 フラッシュこそが僕の
 raison d’etre
 存在理由なのだからっ!!汗」


ローズキングダム
「フランス語ですな」



エイシンフラッシュ
「まあ僕はドイツからの持込馬だからねっ!!」


ローズキングダム
「フランス関係ないじゃん 笑」



エイシンフラッシュ
「ととと、とにかくデジカメを充電してくるっ!!
 待っててね!
 アパパちゃん!」


ローズキングダム
「待たん」



エイシンフラッシュ
「おまえは帰りやがれっ! 怒
  カシャッ!
 ・・・・
 ああっ!!
 フラッシュがつかないっ!!泣」



  - つづく –

サブコンテンツ