◆勝った方が女をゲット アパパネ ローズステークス



◆勝った方が女をゲット



ローズステークス(G2)

1着アニメイトバイオ
2着ワイルドラズベリー
3着エーシンリターンズ
4着アパパネ



【前回までのあらすじ】
フラッシュは密かにアパパネに想いを寄せていたが
アパパネとキングダムの微妙な関係に、危機感を募らせるのだった



アパパネ
「もし2人共がクラシックの最終戦を勝つという奇跡が起こったなら・・・」


ローズキングダム
「・・・・」


アパパネ
「アタシ達さ・・・」



  カシャッ!!
  カシャッ!!
  カシャッ!!



エイシンフラッシュ
「お待たせしましたー!
 デジカメ充電完了!
 フラッシュも復活だいっ!喜」



ローズキングダム
「おお、早い充電だったな 汗」


アパパネ
「・・・・」



エイシンフラッシュ
「あれ?
 なんかボク、おじゃま虫な感じ? 汗」


アパパネ
「そんなことないよ」



エイシンフラッシュ
「ですよねー!!
 アパパちゃんがキングダムなんかを好きなワケない!!
 ハッハッハ 笑」


アパパネ
「・・当たり前でしょ」



エイシンフラッシュ
「うーん、それはわかるんだけど、でもなんか2人の空気が怪しいので
 こうしましょう」


ローズキングダム
「どうすんの?」



エイシンフラッシュ
「日曜日の神戸新聞杯で
 ボクとキングダムの勝った方がアパパちゃんの彼氏になる!!」


ローズキングダム
「な、なんだそりゃ 汗」


アパパネ
「・・・・」



エイシンフラッシュ
「フッフッ。
 自信がないのかなー?キング」


ローズキングダム
「いや自信とかそういう問題じゃなくて・・・」



エイシンフラッシュ
「そうだよねえ。
 キミはボクに一度も先着したことがないもんねえ 笑」


ローズキングダム
「こ、この野郎・・ 怒」



エイシンフラッシュ
「怖いんでちゅかぁー?
 ”元”チャンピオン
 ププッ 笑」


ローズキングダム
「・・・怒
 その勝負には乗ってやるが、アパパは関係のない話だ。
 コイツは物じゃないんだからな。
 賭けるなら別の・・・」



アパパネ
「いいよ」


ローズキングダム
「は?」



アパパネ
「ルールはそれでいい」


ローズキングダム
「なっ! 汗」


エイシンフラッシュ
「おっしゃー! 喜」



  - つづく –

サブコンテンツ