◆テンカラット? ワンカラット スプリンターズS



◆テンカラット?



スプリンターズS(G1)

1着ウルトラファンタジ
2着キンシャサノキセキ
3着サンカルロ
降着ダッシャーゴーゴー
5着ワンカラット
    :
10着ビービーガルダン



【前回までのあらすじ】
スプリンターズSを勝った香港馬ウルトラの横柄な態度に
ガルダンとワンカラットは抗議しに行くも
ガルダンはビビッてキレることができないのであった。



ウルトラファンタジー
「オー!!
 PPガルダンさん!
 いいレースだったアルネ!!」


ワンカラット
「ガルダンさん・・
 コイツPPって言ってますよ・・・怒
 完全にナメてますね・・・
 ガツンと言ってやってください・・・怒」



ビービーガルダン
「あ、あは・・!
 どもども!
 PPっす! 汗
 おなかが弱い人みたいだな~ 汗」


ワンカラット
「だ、だめだ・・・
 この人完全にビビッてる・・汗」



ウルトラファンタジー
「PPサン!!
 テンが速い馬と聞いていたが、今回は手加減してくれたアルカ?
 ププッ 笑」


ワンカラット
「こ、この野郎・・怒
 なんてことを・・
 ガルダンさん!
 ブチギレたい気持ちはわかりますが、ここは落ち着いてくださいっ!!」



ビービーガルダン
「え、えへへ~
 本気で走ったんですけどぉ~
 ウルトラさんのスピードにはついていけなかったっすよ~
 テヘッ」


ウルトラファンタジー
「オー!!喜
 そんなご謙遜を!
 さすが日本人はいい人アルネ!!」



ワンカラット
「だ、だめだ・・汗
 このオッサン、長いものには巻かれるタイプだったか 汗」


ビービーガルダン
「おい!!
 ゲン子もウルトラさんに、あいさつせんかいっ!!怒
 失礼だろう!!」



ワンカラット
「くっ・・・
 こうなったらアタシがガツンと
 ブチギレるしかないな・・・怒」


ウルトラファンタジー
「オー!!
 ワンカラットサン!
 ベリーベリービューティホー!!
 とっても美しいアルネ!!喜」



ワンカラット
「え・・・
 そ、そうかな・・照」


ウルトラファンタジー
「香港にこんな美女はいないアルヨ!!」



ワンカラット
「お、大げさですよ 喜」


ウルトラファンタジー
「マジアルヨ!!
 アナタにワンカラットという名前はマッチしないアルヨ!!
 そう・・・
 ・・・・
 ”テンカラット”がふさわしいアルヨ!!」



ワンカラット
「そ、そんなことないですぅ~ 喜
 えへへ~
 あになとうごないますぅ~ 喜」


ビービーガルダン
「ゲ、ゲン子・・・
 キレるんじゃなかったのか・・・汗」



  - つづく –

サブコンテンツ