◆アタシがガツンと言わねば ワンカラット スプリンターズS



◆アタシがガツンと言わねば



スプリンターズS(G1)

1着ウルトラファンタジ
2着キンシャサノキセキ
3着サンカルロ
降着ダッシャーゴーゴー
5着ワンカラット
    :
10着ビービーガルダン



【前回までのあらすじ】
スプリンターズSを勝った香港馬ウルトラの横柄な態度に
ガルダンとワンカラットは抗議しに行くも
ウルトラの巧妙なトークに言いくるめられるのだった。



ウルトラファンタジー
「オー!!
 とにかく二人ともベリーナイスなホースアルネ!」


ワンカラット
「い、いやー 照
 それほどでも・・
 ・・・・
 ハッ!!
 あやうくコイツのトークに飲まれるところだったわ!
 ガルダンさんはアテにならないし、アタシがガツンと言わねば!」



ビービーガルダン
「そうだ!
 ゲン子!
 ガツンと言ってやれ!」


ワンカラット
「・・くっ
 この野郎・・
 自分で言いやがれ 怒」



ウルトラファンタジー
「テンカラットさんはやっぱり美しいアルネ!」


ワンカラット
「え、えへへ~ 喜
 ・・・・
 じゃなかった!
 ガツンと言ってやる!
 ・・・・
 えーと・・・
 ウルトラさん!」



ウルトラファンタジー
「ナンデスカ?」


ワンカラット
「今回のスプリンターズSは、予想に反してハイペースにならなかったですし
 結果から見れば、内々をロスなく回った馬が上位にきました」



ウルトラファンタジー
「フム」


ワンカラット
「・・・言い方は悪いんですが、ある意味、恵まれた勝利だったのでは?」



ウルトラファンタジー
「・・・・」


ビービーガルダン
「おし!!
 ゲン子!
 ナイスつっこみ!」



ワンカラット
「テメーが言えよっ!怒
 女のアタシにこんなイヤな役やらせんじゃねえっ!怒」


ウルトラファンタジー
「・・・・
 ・・・テンカラットサン・・・」



ワンカラット
「は、はい? 汗」


ウルトラファンタジー
「ではワタシの見解をお話しするアルヨ」



ワンカラット
「お、お願いします 汗」


ビービーガルダン
「ゲン子、怒られろ。
 ププッ 笑」



  - つづく –

サブコンテンツ