◆+22キロで怒涛の追い込みの代償 オウケンブルースリ 京都大賞典



◆+22キロで怒涛の追い込みの代償



京都大賞典(G2)

1着メイショウベルーガ
2着オウケンブルースリ
3着プロヴィナージュ



オウケンブルースリ
「おっちゃん、鳥串2本、タレでね!」


焼き鳥屋のオヤジ
「はいよっ」



エスポワールシチー
「おいオウケン。
 そんなに食って大丈夫なのか?」


オウケンブルースリ
「いいんだよーん」



エスポワールシチー
「久々の京都大賞典は+22キロだったろう?
 摂生した方がいいんじゃないか?」


オウケンブルースリ
「チッ。
 いいんだよぉー。
 ヤケ食いだぁー!
 ガツガツ」



エスポワールシチー
「・・・・
 ・・・脚は大丈夫なのか・・?」


オウケンブルースリ
「は? 汗
 な、なに言ってんだよエスポー 汗」



エスポワールシチー
「オレの目をごまかせると思ったのか?」


オウケンブルースリ
「な、なんの話してんだよー 汗」



エスポワールシチー
「1年近くも休んでいて、+22キロで怒涛の追い込み。
 体に負担がかからないわけがない」


オウケンブルースリ
「・・・・」



エスポワールシチー
「天皇賞には間に合うのか?」


オウケンブルースリ
「・・・・
 ふぅ~。
 まったくエスポにはかなわねえな。
 ・・・・
 天皇賞は・・・」



エスポワールシチー
「無理か・・・」


オウケンブルースリ
「たぶんな・・・」



エスポワールシチー
「そうか」


オウケンブルースリ
「うーん・・・
 やっぱ運動不足の状態で全力疾走はするもんじゃねえな 汗
 右前脚ぼっこーん腫れちゃったぜ 泣」



エスポワールシチー
「・・・ひとつづつ、できることをやっていくしかあるまい・・」


オウケンブルースリ
「ああ」



エスポワールシチー
「気落ちするな」


オウケンブルースリ
「・・・・泣
 ・・・・
 わかってるよーん。
 ・・・・
 てゆうかオレのことより、おまえはどうしちゃったんだよ」



エスポワールシチー
「・・・・」



  - つづく –

サブコンテンツ