◆ジーワンでテスト走行? エスポワールシチー 京都大賞典



◆ジーワンでテスト走行?



京都大賞典(G2)

1着メイショウベルーガ
2着オウケンブルースリ
3着プロヴィナージュ



オウケンブルースリ
「おっちゃん、次はブタ串2本、塩でね!」


焼き鳥屋のオヤジ
「あいよー」



オウケンブルースリ
「オレのことより
 おまえはどうしちゃったんだよ」


エスポワールシチー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「南部杯だよ!
 負ける相手じゃないだろ?」


エスポワールシチー
「相手が強かったということだろう」



オウケンブルースリ
「フッフッ・・・
 このオウケン様の目をごまかせると思ったのかい?」


エスポワールシチー
「オレのセリフをマネるな」



オウケンブルースリ
「らしくない走り方しやがって。
 オレの目はごまかせんぞ」


エスポワールシチー
「そのセリフはもういい」



オウケンブルースリ
「明らかに先を見据えた走り方でしたなぁー」


エスポワールシチー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「地方とはいえ、南部杯はジーワンなんだからよ。
 テスト走行しちゃだめだろー 笑」


エスポワールシチー
「そんなことはしていない」



オウケンブルースリ
「・・・・
 米国チャーチルダウンズのタイトなコーナーは
 外にふくらんだら勝つことは難しいからな」


エスポワールシチー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「まあBCクラシックを勝てれば歴史的快挙だからな。
 南部杯は練習試合みたいなものでも構わんって感じ?」


エスポワールシチー
「・・・・
 まあ、当然勝つつもりだったが
 思いのほか違和感があったのは確かだ」



オウケンブルースリ
「そうか。
 でも本番は・・・」


エスポワールシチー
「ああ」



オウケンブルースリ
「頼むぜ、エスポさんよ」


エスポワールシチー
「フッ」



焼き鳥屋のオヤジ
「・・・・
 ・・・・
 ・・ちょっと待てや、アンタら・・・」


オウケンブルースリ
「?」



  - つづく –

サブコンテンツ