◆ケータイ料金未納? オウケンブルースリ 京都大賞典



◆ケータイ料金未納?



京都大賞典(G2)

1着メイショウベルーガ
2着オウケンブルースリ
3着プロヴィナージュ



【前回までのあらすじ】
オウケンとエスポは共に2着に負けるが
その言い訳を聞いていた焼き鳥屋のオヤジとオウケンは
お互いの自分勝手ぶりにキレ合う。
そんな中、エスポの電話が鳴る。



エスポワールシチー
「・・・で
 要するに、おたくさんは、どなたさんだ?」


謎の女
「もー。
 なんでわかんないのぉ~
 プンプン!!」



エスポワールシチー
「スマンが回答を」


謎の女
「・・・・
 レッドちゃんの声忘れちゃったのぉ~?」



エスポワールシチー
「レレレ!!」


レッドディザイア
「キャーハハハハ! 笑
 なにそれ~
 バカボンにそんな人いるよねぇ~ 笑」



エスポワールシチー
「レッドさん?!」


レッドディザイア
「そうでーす!」



エスポワールシチー
「どうしてオレのケータイに? 汗」


レッドディザイア
「そうそう!
 あのさぁー!
 エスポさん、オウケンくんどこいったか知らない?」



エスポワールシチー
「オウケンなら、今、焼き鳥屋で店主と口ゲンカしてるが」


レッドディザイア
「はぁ~?! 怒」



エスポワールシチー
「お互いの矛盾点を罵り合っているようだ。
 他の客に迷惑なのだが 汗」


レッドディザイア
「あの野郎!!怒
 ロクなことしねぇな!!」



エスポワールシチー
「・・・・
 てゆうかレッドさん
 オウケンを探しているなら、直接オウケンのケータイに電話すればいいのでは?」


レッドディザイア
「あー。
 アイツ、ケータイ代を払えないとかで
 電話止まってんの~
 アホかっ!!怒」



エスポワールシチー
「・・・・汗」



  - つづく –

サブコンテンツ