◆雨降って地固まりつつある オウケンブルースリ 京都大賞典



◆雨降って地固まりつつある



京都大賞典(G2)

1着メイショウベルーガ
2着オウケンブルースリ
3着プロヴィナージュ



【前回までのあらすじ】
オウケンとエスポは共に2着に負けるが
その言い訳を聞いていた焼き鳥屋のオヤジとオウケンは
お互いの自分勝手ぶりにキレ合う。
そんな中、エスポにレッドから電話が・・。



エスポワールシチー
「と、とにかく
 オウケンは今、焼き鳥屋の店主と口ゲンカをしているのだ 汗」


レッドディザイア
「は?
 なにそれ、意味わかんない!!汗」



エスポワールシチー
「い、いやオレに言われても・・」


レッドディザイア
「とにかくさ、エスポさん!!
 オウケンのバカに早く帰ってこいって言っといてくださいね!
 もう信じらんないっ!
 ガチャッ!!
 ・・・・
 ツーツーツー・・・」


エスポワールシチー
「き、切れた・・汗
 この怒りようはマズイ・・・
 とにかくオウケンに知らせねば」



~エスポ焼き鳥屋に戻る~



エスポワールシチー
「おい!
 オウケン!
 たった今、レッドさんから電話があってな!
 早く帰った方がいい。
 店主とケンカしてる場合ではな・・・
 ・・・・
 ん?」



オウケンブルースリ
「わかる・・・
 わかるぞ、シゲさん・・・泣」


焼き鳥屋のオヤジ
「いや俺の方こそ、オウケンさんの事情も知らず
 ヒドイこと言っちまった・・・
 すまねえ」



オウケンブルースリ
「いいんすよ!!
 シゲさんの気持ちはわかってますから!!泣」


焼き鳥屋のオヤジ
「オレもオウケンさんの気持ちがわかるぜっ!!泣」



エスポワールシチー
「・・・わ、わかりあっている・・・汗
 なぜだ・・・汗」



  - つづく –

サブコンテンツ