◆レッド焼き鳥の刑に処する オウケンブルースリ 京都大賞典



◆レッド焼き鳥の刑に処する



京都大賞典(G2)

1着メイショウベルーガ
2着オウケンブルースリ
3着プロヴィナージュ



【前回までのあらすじ】
オウケンとエスポは共に2着に負けるが
その言い訳を聞いていた焼き鳥屋のオヤジとオウケンは
お互いの自分勝手ぶりにキレ合う。
レッドとの電話を終えたエスポが店に戻ると
なぜかオウケンと店主は理解し合っているのだった。



焼き鳥屋のオヤジ
「まあとにかくよ!
 男は妻なんざ恐れることなくキャバクラで飲みまくる!!
 これこそ豪快な男ってもんよ!!」


オウケンブルースリ
「シゲさんっ!!
 その通りッス!!
 一生ついていくッス!」


エスポワールシチー
「・・・・」



焼き鳥屋のオヤジ
「妻なんてもんはよ!
 家で三つ指ついて待ってりゃーいいのよ!」


オウケンブルースリ
「そうっすよねー!
 女は男と並んで歩くんじゃねえよって感じッスよね!!
 いやぁ~シゲさん!
 ホントその通りっすよ~!!」



   ガラガラッ



焼き鳥屋のオヤジ
「お! お客さんだ。
 ヘイ!
 いらっしゃい!!」


オウケンブルースリ
「は、はうっ!!汗汗」



エスポワールシチー
「ハッ!!
 レレレ!!汗」


レッドディザイア
「どーもー♪
 エスポさん、こんばんは~♪
 レレレはバカボンですよぉ~♪」



エスポワールシチー
「レ、レッドさん、こんばんは 照」


レッドディザイア
「どーもですっ♪
 ・・・・
 ・・・・
 おい・・・そこのバカ・・・怒」



オウケンブルースリ
「エスポ、呼んでるぞ」


レッドディザイア
「おまえのことだよっ!!怒
 なんであたしが”エスポさんどーもです♪”とか言った後に
 ”おいそこのバカ”ってエスポさんに言うんだよ!
 会話として成立してねえだろうがっ!!怒」



オウケンブルースリ
「こ、細かい説明ありがとうございます 汗」


レッドディザイア
「さて・・・
 ”妻なんざ三つ指ついて・・・なんだって・・?」



オウケンブルースリ
「は、はうっ!!汗汗
 聞いてらっしゃったんですかっ!汗」


レッドディザイア
「豪快な男はなんだって・・・? 怒」



オウケンブルースリ
「い、いやボクはシゲさんに脅されて
 無理やり言わされたんですっ!!汗」


焼き鳥屋のオヤジ
「そ、そんなバカなっ!!汗」



レッドディザイア
「まあええわ・・・。
 こうなった以上・・
 わかっとんな・・?」


オウケンブルースリ
「ま、まさか・・・
 そ、それだけは勘弁してくださいっ!!汗汗」



レッドディザイア
「・・・・
 今日は焼き鳥屋だけに
 オウケン・・・
 キサマを”レッド焼き鳥の刑”に処する・・・」


オウケンブルースリ
「い、いやだぁー!!泣」



  - つづく –

サブコンテンツ