◆早いうちに失敗しておけばプラスになる アパパネ 秋華賞(GI)



◆早いうちに失敗しておけばプラスになる



秋華賞(GI)

1着アパパネ
2着アニメイトバイオ
3着アプリコットフィズ



ローズキングダム
「まさかホントに勝つとはなぁ」


アパパネ
「見直した?」



ローズキングダム
「・・・見直すもなにも
 おまえは誰もが認める歴史的名牝だからな」


アパパネ
「・・・アンタも認めるの?」



ローズキングダム
「そりゃまあ・・・な」


アパパネ
「ふふん♪」



ローズキングダム
「調子こいてたら足元すくわれるぞバカ」


アパパネ
「調子こいてないもん」


ローズキングダム
「あそ」



アパパネ
「・・・逆にさ、ローズSで馬券にも絡めずに負けて
 あのレースでいろんな課題が見えてきて
 それが今回の3冠につながったことは
 間違いないと思う」


ローズキングダム
「ふーん」



アパパネ
「前哨戦は負けた方がいいとは言わないけど
 でも、早いうちに失敗しておくことは
 人生を長い目で見た時、とってもプラスになるなーって」


ローズキングダム
「へー」



アパパネ
「やっぱり誰だって、失敗したらそのときは
 ヘコむけどさ、その失敗がトータルで見た時に
 ホントに悪いことなのかは、わからないよね」


ローズキングダム
「ふーん」



アパパネ
「・・・ねえ、ちゃんと聞いてる? 怒」


ローズキングダム
「聞いてまつ」



アパパネ
「ふざけてるもん」


ローズキングダム
「ふざけてまちぇん」



アパパネ
「もういい・・・怒」


ローズキングダム
「聞いてるって」



アパパネ
「・・・・」


ローズキングダム
「おーい。
 黙るな」



アパパネ
「・・・・
 あたしは約束守ったからね」


ローズキングダム
「・・・?」



アパパネ
「忘れてないんでしょ?
 あの日の約束」


ローズキングダム
「・・・・
 ああ・・おまえが秋華賞勝って、俺が菊花賞を勝つような
 そんな奇跡がもし起こったなら・・・だろ?」


アパパネ
「・・・・」



ローズキングダム
「でもあれって、約束は締結されたんだっけか? 汗」


アパパネ
「・・・・汗」



ローズキングダム
「なんかいつも途中で
 あいつが乱入してきて・・・」


アパパネ
「・・た、確かに・・汗」



   カシャッ!!
   カシャッ!!



アパパネ
「ま、まぶしいっ!!汗」


ローズキングダム
「ホラ来た・・・汗」



  - つづく –

サブコンテンツ