◆組を抜けたい理由 ペルーサ 天皇賞(秋)



◆組を抜けたい理由



天皇賞(秋)(GI)

1着ブエナビスタ
2着ペルーサ
3着アーネストリー



~ブエナ組 事務所~



ブエナビスタ
「組を抜ける?」


ペルーサ
「はい・・・」



ブエナビスタ
「なんだい、藪から棒に」


ペルーサ
「・・・もちろん、ケジメはつけさせて頂きます。
 ・・・・
 おい!!
 ドス持ってこい!!」


組員
「ハッ!!」



ペルーサ
「・・・オレの小指でケジメとさせて頂く所存です」


ブエナビスタ
「・・・・」



ペルーサ
「それでは・・・
 男見せます・・・」


ブエナビスタ
「・・・・
 ・・・やめえや 怒」



ペルーサ
「姐さん・・・
 しかし・・・」


ブエナビスタ
「おまえダービーで出遅れた時も
 そうやってケジメ取ろうとしてたな・・・」


ペルーサ
「・・・・」



ブエナビスタ
「なんも成長しとらん」


ペルーサ
「・・・・」



ブエナビスタ
「上っ面の男を見せる前に
 組を抜けたい理由を説明せんかい」


ペルーサ
「・・・・」



ブエナビスタ
「理由も言えんのか」


ペルーサ
「・・・ひとつは今回も出遅れて
 ブエナ組の看板に2度までも泥を塗ったこと・・・」


ブエナビスタ
「・・・・」



ペルーサ
「そしてもうひとつは・・・」


ブエナビスタ
「・・・なんや」



ペルーサ
「・・・今回の天皇賞で、自分と姐さんとの差は
 もう無くなったと判断したからです・・・」


ブエナビスタ
「・・・・」



ペルーサ
「逃げ馬圧倒的に有利の馬場状態で
 あれだけ出遅れて最後方からにも関わらず
 姐さん以外の馬には圧勝・・・」


ブエナビスタ
「・・・・」



ペルーサ
「姐さん、自分は・・・」


ブエナビスタ
「・・・・」



ペルーサ
「・・・自分の組を立ち上げたいと・・・」


ブエナビスタ
「・・・そうか・・・」



ペルーサ
「今まで世話になっておきながらの
 勝手な言い分・・・
 それに対しての自分のケジメの小指と考えました・・・」


ブエナビスタ
「わかった・・・」


ペルーサ
「・・・・」



ブエナビスタ
「だが小指はいらん。
 そんなもんもらっても、なんも嬉しくないからな」


ペルーサ
「しかし・・・」



ブエナビスタ
「・・・もとより、私はアンタを拘束していたつもりはない。
 自分の夢があるなら、自由にここを出ていけばよい」


ペルーサ
「姐さん・・・」



   ピンポーン



ブエナビスタ
「ん?
 客人か」



レッドディザイア
「ブエナちゅわ~ん、こんにちはー♪
 天皇賞のお祝いに来たよ~♪」


ブエナビスタ
「おお、レッド。
 よく来たね。
 座りなよ」



  - つづく –

サブコンテンツ