◆決死の決意を尊重したい ブエナビスタ 天皇賞(秋)



◆決死の決意を尊重したい



天皇賞(秋)(GI)

1着ブエナビスタ
2着ペルーサ
3着アーネストリー



【前回までのあらすじ】
ブエナ組の若頭ペルーサは組を抜ける意志をブエナに伝える。
そこへレッドとオウケンが来訪し、ペルーサは去るのだった



≪ブエナ組 事務所≫



ブエナビスタ
「ふ、二人はあいかわらず、仲がいいね 汗」


レッドディザイア
「仲がいい?!
 どこがー?
 なんなのこのバカ」



オウケンブルースリ
「バ、バカ・・・?汗」


ブエナビスタ
「・・・・
 ・・・・フゥー 落」



   ガチャッ!



ブエナ組 組員
「姐さんっ!!汗」


ブエナビスタ
「なんや。
 客人の前で大きな声を出すな」



ブエナ組 組員
「姐さん、大変ですっ!!
 今、若頭が、佐伯組の連中に・・・!!汗」


ブエナビスタ
「なんやと」



ブエナ組 組員
「スミマセン!!
 一瞬目を離したスキに、拉致されました!!汗」


ブエナビスタ
「・・・ペルーサ・・・」



ブエナ組 組員
「若頭・・最近、ブエナ組を抜けることを
 あちこちで話していたみたいで・・・」


ブエナビスタ
「・・・・」



ブエナ組 組員
「組の看板を失ったタイミングをついての行動と思われます!!」


ブエナビスタ
「・・・・」



ブエナ組 組員
「佐伯組は、超武闘派・・
 ヤバイですよ!!
 姐さん!!
 すぐに若いモンを招集しますっ!!」


ブエナビスタ
「・・・アカン」



ブエナ組 組員
「姐さんっ!!」


ブエナビスタ
「・・・ここでワシらがペルーサを助けたら
 決死の覚悟で組を抜けると決めたペルーサの決意に
 泥を塗ることになる・・・」


ブエナ組 組員
「し、しかし!!」



ブエナビスタ
「もう組には頼らんと、言ってのけたアイツに
 恥をかかせとうない・・・」


ブエナ組 組員
「で、ですがっ!!汗」


ブエナビスタ
「・・・・」



レッドディザイア
「な、なんか深刻な話になってるわね 汗」


オウケンブルースリ
「ぷぷっ 笑
 ペルーサ君、オレを小馬鹿にした天誅だな 笑」



   バキッ



オウケンブルースリ
「ぐはぁー 泣」



≪佐伯組 事務所≫



佐伯組 組員たち
「ぎゃーーーはははは!!
 ボロゾーキンのようになっちゃったねえ!!
 ”元”若頭さんよぉwwww」


ペルーサ
「う・・うぐ・・
 キ、キサマら・・・」



佐伯組 組員たち
「あれ~?
 なぁにぃ~?
 その反抗的な目~。
 ちょっとムカついちゃったな~
 蹴っちゃおーっと!
 ドカッ!!」


ペルーサ
「うぐっ!」



佐伯組 組員たち
「ブエナ組の看板の無いオマエなんか
 こんなもんでちゅかあ~?
 ぎゃーーはははwww」


ペルーサ
「くっ・・・
 てめえら全員殺す・・・」



佐伯組 組員たち
「ぶぁーははははwww
 オマエバカ? 笑
 今、オマエが殺されかかってんだろうが~ 笑」


ペルーサ
「うう・・・」



佐伯組 組員たち
「組長。
 そろそろコイツ、東京湾コースで行きますか?」


組長佐伯
「ふむ・・・。
 まあカレには以前、こっちもずいぶんやられたからねえ。
 しょうがないかな」



佐伯組 組員たち
「だそうです。
 悪いね、ペル君?
 ぎゃーーははは!!」


ペルーサ
「う、うう・・・」



  - つづく –

サブコンテンツ