◆男なら手のひらを返すような事をするな ペルーサ 天皇賞(秋)



◆男なら手のひらを返すような事をするな



天皇賞(秋)(GI)

1着ブエナビスタ
2着ペルーサ
3着アーネストリー



【前回までのあらすじ】
ブエナ組の若頭ペルーサは組を抜ける意志をブエナに伝える。
しかしブエナ組の後ろ盾を失ったペルーサは、対抗組織に拉致監禁される。
そこへなぜか、チャラいオウケンくん登場


注:auの方で途中で切れる場合はバックナンバーを参照してください



≪佐伯組 事務所≫



組長佐伯
「・・・・
フゥー・・・
・・・・
何の御用ですか・・
・・オウケンさん・・」



オウケンブルースリ
「久しぶりだな、佐伯」



佐伯組 組員たち
「・・・え? 汗
し、知り合いか? 汗
なんでこんなチャラ男と組長が? 汗」



オウケンブルースリ
「佐伯よー。
ちょっと頼みがあるんだけどさー」


組長佐伯
「・・・なんでしょうか・・・」



オウケンブルースリ
「あのさー
おまえんとこで闇ルートで流してる裏DVDあるじゃん?
それを借りにきた! 照」


佐伯組 組員たち
「ハァー?!」


組長佐伯
「・・・・」



オウケンブルースリ
「おおっ!!
ここにあるじゃん!!喜
たくさんあるなぁ~喜
どれにしよっかなー」


組長佐伯
「・・・・」



オウケンブルースリ
「よし!
やはりナースだな!照
佐伯!
これ借りていいか?」


組長佐伯
「・・・どうぞ持って行ってください。
そしてお引き取りください・・・」



オウケンブルースリ
「やたー!!喜
これさえあれば!!
・・・ということでオレは帰るよー! 喜」


組長佐伯
「・・・・」



オウケンブルースリ
「あ、それと、そこに転がってるボロゾーキンも
連れて帰るぞ」


佐伯組 組員たち
「なんだとコラァー!!怒」



組長佐伯
「・・・オウケンさん・・
悪いが
さすがにその頼みは聞けねぇ・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」


組長佐伯
「お引き取りください・・・」



オウケンブルースリ
「・・・そこに転がってるボロゾーキン
連れて帰るぞ・・・」


佐伯組 組員たち
「だからダメだって言ってんだろうがぁー!!怒」


オウケンブルースリ
「・・・・」



組長佐伯
「オウケンさん・・・
アンタには関係のない話だか・・・」


オウケンブルースリ
「・・・3回言わせるか・・・?」



組長佐伯
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



組長佐伯
「・・・オウケンさん・・・
昔アンタにこの組を潰されてから
ワシらは復興にどれだけの労力をかけたことか・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



組長佐伯
「アンタにケンカを売った覚えはないハズですが?」


オウケンブルースリ
「・・・・」



組長佐伯
「・・・・
フゥー・・・
・・・・
好きにしてください・・・」


オウケンブルースリ
「おお!!
マジ?
さすが佐伯くん!!喜
話がわかるねえ!!
じゃあペルーサは連れて帰るからな。
サンキュー佐伯!
裏DVDもサンキュー!
じゃーねー!」



バタン



佐伯組 組員たち
「く、組長!!
追いかけてブチ殺します!!怒」


組長佐伯
「・・・やめとけ」



佐伯組 組員たち
「で、ですがっ!!」


組長佐伯
「あいつにだけは関わるな」



佐伯組 組員たち
「そ、それほどまでに強いんスか? 汗」


組長佐伯
「・・・腕力と頭の悪さは、恐竜クラスだ」


佐伯組 組員たち
「・・・・汗」



組長佐伯
「T・レックスと戦うようなものだ」


佐伯組 組員たち
「さ、最強の恐竜ティラノサウルス・・・汗」



組長佐伯
「そして超絶なアホだ」


佐伯組 組員たち
「・・・・汗汗」



組長佐伯
「もういい、忘れよう・・・」


佐伯組 組員たち
「そ、そうっすね 汗」



≪繁華街を歩く2人≫



ペルーサ
「オ、オウケン・・・
姐さんはオレの意志を尊重して動けなかった・・・
だからおまえが来てくれたのか?」


オウケンブルースリ
「・・・バカ言ってんじゃねえ。
オレは佐伯にAVを借りに行っただけだ」


ペルーサ
「・・・・泣」



オウケンブルースリ
「いやぁーこんな上物が手に入るなんて
オレって運がいいなぁ! 喜」


ペルーサ
「・・・オウケン・・・
スマン・・・あんな暴言をはいたオレを助けてくれるなんて・・・
オウケン・・・ありが・・・」



オウケンブルースリ
「おい」


ペルーサ
「?」



オウケンブルースリ
「お前も男だろう?
つっぱるなら最後までつっぱり切れ」


ペルーサ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ケンカふっかけた相手が助けてくれたからって
手のひら返して、ありがとうなんて言うんじゃねえ」


ペルーサ
「・・・オウケン・・・」



オウケンブルースリ
「てゆうかオレはオマエを助けに行ったわけじゃねえ。
オレはAVを借りに行ったんだ。
だからその点からも、礼を言われる筋合いはねえ」


ペルーサ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「オレは他人の事を助けない主義なのだ」


ペルーサ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ということで、余計なことしゃべるんじゃねえ」


ペルーサ
「・・・フッ。
そうだな 泣
手のひらを返すのは男としてダメだよな。
・・・だがな・・・
オレはオマエを・・・
男として尊敬してしまったのかもしれねえな・・・
なあ、オウケ・・・」



オウケンブルースリ
「マ、マジ??
今日、入店したばっかりの娘が
5千円ポッキリ!?
マジかよ!!
コージ!!」


客引きのコージ
「マジだよー
早くしないと他のお客がついちゃうよーん」



オウケンブルースリ
「ちょ、ちょっと待て!!汗
今、金払うから!!汗
・・・・
はうっ!!汗
こ、小銭しかねえっ!!汗
ど、どうしよう!!
・・・・
そ、そうだ!!
ペルーサ!!
5千円貸してくれっ!!
さっき助けてやっただろ!!」



バキッ!!



オウケンブルースリ
「ぐはぁー 泣」



ペルーサ
「テメー男として最低なんだよコラァー!!怒
ガスガス!!
一瞬、尊敬してしまいそうになっただろうがぁー!!怒
オレのピュアなきもち、返せコラァー!!怒
しかも恩着せがましく ”助けてやった”とか言ってんじゃねえ!!
この最低人間がっ!!怒
ドガッ!!
バキッ!!」



オウケンブルースリ
「ぐわぁー!!泣
コージ!
助けてー! 泣」



客引きのコージ
「知るか」


オウケンブルースリ
「だ、誰かー!!
助けてくださいー!!泣」



– つづく –

サブコンテンツ