◆たまになら何を食べてもOK トランセンド みやこステークス



◆たまになら何を食べてもOK



みやこステークス(G3)

1着トランセンド
2着キングスエンブレム
3着サクラロミオ



【前回までのあらすじ】
佐伯に借りた裏DVDをデッキに残したまま
レッドが帰宅。見つかれば大惨事の状況で
オウケンは必死に活路を模索するが、
トラオの妨害により、いまだDVDはデッキの中・・・



≪オウケン宅≫



レッドディザイア
「はい、トラオくん、お待たせ~
柿の葉茶だよ~」


トランセンド
「ああ~、これはスンマセン、ありがとうございます」



オウケン心の声
(・・・チッ・・
のんびり茶なんか飲んでる場合かっ!
・・・いや・・・
・・・落ち着け・・・
諦めない限り、人生から希望が無くなることはないのだから・・・)



トランセンド
「いやーそれにしても
レッドちゃんは健康に気をつけているんだねえ!
アスリートのカガミだね!」


レッドディザイア
「健康はすべての土台だじょ!」



トランセンド
「・・・ふむ・・・
でも、あんまり神経質になりすぎると
食べられるものが無くなってしまうのでは?」


レッドディザイア
「そうね。
だからさ、一切摂取しちゃダメってことじゃないのよ」


トランセンド
「ほう」



レッドディザイア
「大切な事は、恒常的に摂取することは避けるってことよ」


トランセンド
「ほほう」



レッドディザイア
「毎日食べれば毒素は蓄積されていく。
でもたまにだったら、全然OKってことね」


トランセンド
「なるほど」



レッドディザイア
「毎日コーラ飲んでたら相当にヤバイけど
基本、水かお茶の人が
たまにコーラ飲みたいから飲む、っていうのは
全くモーマンタイ
ノープロブレム
問題ないアルヨ」


トランセンド
「な、なぜカタコト? 汗」



レッドディザイア
「えへ、カワイイ?」


トランセンド
「カ、カワイイっす! 照」



オウケン心の声
(かわいくねーよっ!怒
なごんでんじゃねえっ!!怒)



トランセンド
「あ、そうだ。
そういえば、おみやげを持ってきたんですよ」


レッドディザイア
「えー!
ホントー? 喜」



トランセンド
「はい。
ししゃも50匹です」


レッドディザイア
「おおー! 喜
今が旬の食材だねっ!!喜」



トランセンド
「よろしければ、お二人で食べてください」


レッドディザイア
「ありがとー!!喜
よかったね、オウケンくん!」



オウケンブルースリ
「あ、ああ・・・」


レッドディザイア
「でも二人で50匹は多いなー。
とりあえず冷凍しとこっか。
オウケンくん、このししゃも冷凍庫に入れといて」



オウケンブルースリ
「ヘイヘイ・・・
トラオ、サンキューな
あ、ちょっと前通るよー」


トランセンド
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ん?
ゴメン、ちょっと通りたいんだけど
ししゃもを凍らせなきゃいけないからさー」


トランセンド
「・・・せんど・・・」


オウケンブルースリ
「ん?
なに?」



トランセンド
「凍らせんどーー!!」


オウケンブルースリ
「テ、テメーが50匹も持ってくるから
凍らせなかったら腐るだろうがー!!怒」



トランセンド
「凍らせんどーー!!」


オウケンブルースリ
「ジャマなんだよっ!!
通らせろやー!!怒」



トランセンド
「とおらせんどーー!!」


オウケンブルースリ
「こ、この野郎!!怒
どけコラァー!!
グイッ」


トランセンド
「引っ張られても
押されても
と、とおらせんどーー!!
バタバタ
ドタドタ」



ピッ



オウケンブルースリ
「ん?
今なんか
ピッ って・・・」



トランセンド
「あ、ごめん
DVDのリモコンの再生ボタンを、足で押しちゃったみたいだどー」


オウケンブルースリ
「さ、再生ボタンって、オマエ・・・」



AV 再生開始



オウケンブルースリ
「!!!!!!!!!」


レッドディザイア
「??
オウケンくん、なんのDVD見てたの?」



トランセンド
「・・・『あなたの専属ナースでございな~す』
??
オウケンさん・・・
これって・・・
ま、まさか・・・汗」


レッドディザイア
「・・オウケン・・・怒」



オウケンブルースリ
「ア、アウアウ・・・」



– つづく –

サブコンテンツ