◆自分だけが苦しんでいるという思考習慣は危険 トランセンド みやこステークス



◆自分だけが苦しんでいるという思考習慣は危険



みやこステークス(G3)

1着トランセンド
2着キングスエンブレム
3着サクラロミオ



【前回までのあらすじ】
佐伯に借りた裏DVDをデッキに残したまま
レッドが帰宅。見つかれば大惨事の状況で
オウケンは必死に活路を模索するが、
トラオの妨害により、誤ってDVDが再生されてしまう・・・



≪オウケン宅≫



トランセンド
「とおらせんどーー!!
ドタドタ」


オウケンブルースリ
「通らせろやー!!怒
バタバタ」



ピッ

(AV 再生開始)



オウケンブルースリ
「さ、再生ボタンが・・・」


トランセンド
「・・・ん?
オ、オウケンさん・・
これはまさか・・・」



レッドディザイア
「・・・ほう・・・怒」


オウケンブルースリ
「ち、ちが・・・ 汗汗」



レッドディザイア
「ワレ・・・
おもしろそうなDVD見とったんやな・・・怒」


オウケンブルースリ
「ち、違うんだレッド!!汗
これには海よりも深いワケが・・・汗」



レッドディザイア
「・・・なるほど・・・
ではそのワケとやら、
ゆっくり聞かせてもらおうか・・・
・・・別室でな・・・」


トランセンド
「ま、まあまあレッドさん!!汗
まずは落ち着きましょうよ!!」



レッドディザイア
「トラオ君には関係ないのぉ~、えへ♪
・・・・
・・・・
さてオウケンよ・・
・・・・
ん?
オウケン!!
どこ行った!!怒」



トランセンド
「レッドさん!!
被疑者、窓から逃走した模様!!」


レッドディザイア
「なんだと?! 怒」



トランセンド
「一瞬のスキを突かれた!!」


レッドディザイア
「ちっ!!怒
室井さん!
自分は被疑者の確保に向かいます!!」



トランセンド
「む、室井?? 汗」


レッドディザイア
「今すぐレインボーブリッジを封鎖してくださいっ!!」



トランセンド
「ふ、封鎖?? 汗」


レッドディザイア
「室井さん!!」



トランセンド
「ま、まて!
青島!! 照」


レッドディザイア
「・・・レッドなので
青島ではなく
赤島です」


トランセンド
「・・・・汗」



レッドディザイア
「室井さん!!
急いでください!!」


トランセンド
「本部の指示に従え、赤島」



レッドディザイア
「みすみす被疑者を取り逃がせって言うんですかっ!!」


トランセンド
「・・・現場の勝手な判断で動くな。
警察組織はトップダウンが原則だ。
わかるな、赤島」



レッドディザイア
「室井さん!!」


トランセンド
「勝手な行動は慎むんだ、赤島!」



レッドディザイア
「・・・・」


トランセンド
「まず本部に戻ってこい
赤島」



レッドディザイア
「・・・事件は現場で起きてるんじゃない!
会議室で起きてるんだ!!怒」


トランセンド
「ぎゃ、逆だぞ赤島・・ 汗」



レッドディザイア
「会議室でも事件は起こるんだっ!!」


トランセンド
「ど、どんな? 汗」



レッドディザイア
「・・・お茶がぬるいとか」


トランセンド
「・・・・」



レッドディザイア
「現場ばかりが苦しい仕事で、会議室はラクな仕事・・・?
それは先入観でしょう?」


トランセンド
「う、うむ・・ 汗」



レッドディザイア
「一見、ラクそうに見える仕事にも苦しい部分はたくさんあるし
一見つらそうに見える仕事にも、ラクな部分はある」


トランセンド
「・・・・」



レッドディザイア
「自分の仕事は大変で、他人はラクをしている、というような
狭量なモノの見方は、自分の器を小さくするのでは?」


トランセンド
「・・・う、うむ。
赤島・・・
いいこと言ってるんだけど、展開が飛躍しすぎてて
読解力のある読者にしか理解しにくいのでは? 汗」



レッドディザイア
「とにかく自分は被疑者確保に全力を尽くします!!
室井さん!
あとのことは頼みますっ!!」



トランセンド
「あ、赤島!!
待て!!
本部の指示に従うんだ!!
赤島ーーー!!!
・・・・
・・・・
・・・って、もう誰もいねえし・・・汗
オレは一体、ひとんちで何やってんだ? 汗」



– つづく –

サブコンテンツ