◆サッカーゲームは意外と楽しい ダノンヨーヨー マイルCS(GI)



◆サッカーゲームは意外と楽しい



マイルCS(GI)

1着エーシンフォワード
2着ダノンヨーヨー
3着ゴールスキー



【前回までのあらすじ】
オウケン・レッド・ヨーヨーの3名は
オウケン宅で飲み会中。そこへフォワも参加するのだった



≪オウケン宅にて≫



ダノンヨーヨー
「フォワさん、駆けつけ三杯だYO!YO!」


オウケンブルースリ
「フォワ君!!
ボジョレー・ヌーボーって、若いワインだって知ってたぁ~?
ギャーーハハハ!!笑」



エーシンフォワード
「い、一体なにがそんなにおもしろいのか・・・汗
さっぱりわからん・・
なんだこのウザいノリは・・・汗」


レッドディザイア
「あー、ゴメンねー
二人とも出来上がっちゃっててー 苦笑」



エーシンフォワード
「レッドちゃんは、お酒強いんだね」


レッドディザイア
「そうそう。
アタシは酒豪なんだYO」



エーシンフォワード
「YO・・・?」
レッドさんも、なんかテンションおかしいよね 汗」



ダノンヨーヨー
「ねえねえ!!
フォワさんYO~!!」


エーシンフォワード
「ん?」



ダノンヨーヨー
「サッカーゲームやりましょうYO~!」


エーシンフォワード
「あ、ああ。
いいけど」



ダノンヨーヨー
「じゃあいつも僕らは競馬で戦ってばかりだから
ゲームくらいは協力モードでどうっすかYO?」


エーシンフォワード
「そうだな。
それもいいだろう」



ダノンヨーヨー
「じゃあまずポジションを決めましょう。
フォワードはボクがやりますYO!YO!」


エーシンフォワード
「ちょ、ちょっと待て!!
どう考えてもオレがフォワードだろ!!」



ダノンヨーヨー
「なんでYO?」


エーシンフォワード
「名前的にさ」



ダノンヨーヨー
「だってボクもフォワードやりたいYO?」


エーシンフォワード
「おまえはキーパーだ」



ダノンヨーヨー
「えぇ~ 泣
そんな地味なポジションいやだYO~」


エーシンフォワード
「いいから!!
ホラ。
はじめっぞ!
おまえはキーパーだから、ゴールを守れよ!!」



ダノンヨーヨー
「ブー。
しょうがないからゴールを守るYO~」


エーシンフォワード
「よし!
キックオフ!!
・・・・
見よっ!!
この華麗なドリブル!
まさに天性のフォワード!!ストライカー!!」



ダノンヨーヨー
「・・・キーパーはヒマだYO~」


エーシンフォワード
「よーし、もう敵のゴール付近だ!」



ダノンヨーヨー
「・・・・」


エーシンフォワード
「どうする?
シュートか、パスか・・・」



ダノンヨーヨー
「パスだYO!!」


エーシンフォワード
「よ、よし。
パス・・・
って、おまえキーパーなのにどこまで上がってきてんだよっ!!怒」



ダノンヨーヨー
「フォワさん!
早くパスを!!
今ならノーマークだYO!」


エーシンフォワード
「よ、よし!
パ、パス・・・」



~カットされる~



エーシンフォワード
「あぁ~!!泣」


ダノンヨーヨー
「なにやってんスか!
自陣のゴールがガラ空きだYO~!」



エーシンフォワード
「テメーがキーパーのくせに上がってくるからだろうがぁ~ 怒」


ダノンヨーヨー
「だってキーパーはヒマなんだYO~!!」



レッドディザイア
「う、うるさい・・・
もっと静かにゲームしなさいYO~!」



– つづく –

サブコンテンツ