◆2階級制覇 ダノンヨーヨー マイルCS(GI)



◆2階級制覇



マイルCS(GI)

1着エーシンフォワード
2着ダノンヨーヨー
3着ゴールスキー



【前回までのあらすじ】
オウケン・レッド・ヨーヨーの3名に、さらにフォワも加わり
オウケン宅で飲み会中



≪オウケン宅にて≫



エーシンフォワード
「だからテメーは、キーパーなんだからゴール前にいろって!!怒」


ダノンヨーヨー
「だってキーパーはヒマなんだYO~!!」



オウケンブルースリ
「よーし、オマエラ。
もうゲームやめろ」


ダノンヨーヨー
「えぇ~
せっかく盛り上がってきたんだYO!YO!」



エーシンフォワード
「盛り上がってねえよ!
テメーのキーパーが上がってきちゃうから
0-8で負けてんじゃねえかっ!!怒」


オウケンブルースリ
「オマエラ。
そんなくだらない事やってないで、長谷川穂積の試合のビデオ見るぞ」



エーシンフォワード
「ハセガワホズミ?」


ダノンヨーヨー
「だれYOそれ」



オウケンブルースリ
「お、おまえら・・・
日本プロボクシング界のスーパーエースを知らんのか? 怒」


ダノンヨーヨー
「知らんYO~」



エーシンフォワード
「ポズミ?」


オウケンブルースリ
「ポズミじゃねえ!!怒
ホヅミさんだっ!!
つ に濁点だっ!!怒
しかも ホ にマルつけるんじゃねえっ!!怒」



エーシンフォワード
「ポヅミか」


オウケンブルースリ
「だから ポ じゃねえって!!怒
つ に濁点は正解!!怒」


ダノンヨーヨー
「わけわからんYO」



オウケンブルースリ
「穂積さんはなぁ!
昨日、国内初となる2階級上げての2階級制覇を達成したんだ!!」


ダノンヨーヨー
「2階級上げたら、どうなるのYO?」



オウケンブルースリ
「ボクシングにおいては、1キロでも体重が違うと
パンチの重さやらなんやらが、全然違ってくるのだ!」


ダノンヨーヨー
「じゃあ下げYO~」



オウケンブルースリ
「下げすぎると、減量がきつすぎて、能力を発揮できなくなるだろう?」


ダノンヨーヨー
「じゃあ上げYO~」



オウケンブルースリ
「・・・オマエ・・・聞く気ないな・・・怒」



– つづく –

サブコンテンツ