◆愛があればがんばれる ダノンヨーヨー マイルCS(GI)



◆愛があればがんばれる



マイルCS(GI)

1着エーシンフォワード
2着ダノンヨーヨー
3着ゴールスキー



【前回までのあらすじ】
オウケン・レッド・ヨーヨーの3名に、さらにフォワも加わり
オウケン宅で飲み会中



≪オウケン宅にて≫



オウケンブルースリ
「とにかく穂積さんはなぁ!
試合の1ヶ月前に、お母様を亡くしているんだ・・・」


エーシンフォワード
「え・・・」



オウケンブルースリ
「昨日の試合、穂積さんは足を使ってポイントを獲りにいけば楽勝だったんだ」


エーシンフォワード
「・・・・」



オウケンブルースリ
「でも穂積さんは、天国のお母様に、息子は大丈夫だということを見せたくて
あえてリスクを取って、打ち合ったんだ 泣」


エーシンフォワード
「・・・・」



オウケンブルースリ
「長谷川穂積さん・・・
なんという男なんだっ!!泣
オレもそうなるぞ!!」


エーシンフォワード
「無理」


ダノンヨーヨー
「到底ムリ」



オウケンブルースリ
「な、なんだとぉ~!
・・・・
・・・・
こうなったら今日から改名だ!
オレは今日から、
オウケンホヅミだっ!!」


ダノンヨーヨー
「じゃあボクは、
ダノンポズミ!」



オウケンブルースリ
「マネするんじゃねえ!!
てゆうか ポ じゃねえって!!怒」


エーシンフォワード
「じゃあオレは
ハセガワフォワード」



オウケンブルースリ
「フォ、フォワードの長谷川さんみたいになってんじゃねえかっ!!怒」


エーシンフォワード
「・・・だれ?
長谷川健太?」


ダノンヨーヨー
「古いYO」



オウケンブルースリ
「つーか、オレは明日、ジャパンカップ本番なんだぞ!!
おまえら、激励せんかいっ!!怒」


エーシンフォワード
「がんばれ」


ダノンヨーヨー
「がんばれYO~」



オウケンブルースリ
「こ、この野郎・・・怒
おそらく1番人気であろうオウケンくんに向かって・・・」


エーシンフォワード
「オウケンって1番人気だっけ?」



ダノンヨーヨー
「人気チェックしてみYO~
・・・・
・・・・
・・・・
全然人気ないYO~ 笑」



オウケンブルースリ
「こ、こいつら・・・怒
・・・・
・・・・
もういい 怒
見てろよテメーら。
オウケンくんの底力見せてやる・・・」


エーシンフォワード
「惨敗の前フリか?」


ダノンヨーヨー
「たぶんそうだYO~」



オウケンブルースリ
「・・・・怒
こいつらに期待したオレがバカだった・・・。
・・・・
なあ、レッド。
やっぱり最後は愛の力なのかもな 照
フッ。
オレは、おまえの応援さえあれば、それでいいのかもしれないな 照
なあ、レッド」



レッドディザイア
「ぐごぉ~~
ふごぉ~
Zzz…」



オウケンブルースリ
「コ、コラァー!!怒」



– つづく –

サブコンテンツ