◆日曜の結果マツリダ



◆日曜の結果マツリダ



東京10R
ジャパンカップ
×ー◎ー穴
馬連


東京8R
◎ー☆ー△
馬連・3連複



ドリームジャーニー
「・・・・」


マツリダゴッホ
「・・・・」



ドリームジャーニー
「こ、言葉がありませんね 汗」


マツリダゴッホ
「うむ 汗」



ドリームジャーニー
「ご存知の通り、ジャパンカップはブエナちゃん降着で
まさかのキングダム君の優勝となりました」


マツリダゴッホ
「まあ見方は人それぞれだろうマツリダ」


ドリームジャーニー
「ふむ」



マツリダゴッホ
「でもジーワンで1着降着にするほどの斜行か?」


ドリームジャーニー
「ボクはノンコメントです 汗」



マツリダゴッホ
「最初にヴィクトワール氏が寄ってこなければ
普通に競り合いを制してブエナ氏が1着だろマツリダ」


ドリームジャーニー
「ボクはノンコメントです 汗汗」



マツリダゴッホ
「ブエナ氏とキングダム氏の騎手が逆だったとしても降着になったか?」


ドリームジャーニー
「ボクはノンコメントです 汗汗汗」



マツリダゴッホ
「売上も入場者数も、前年比プラスという、超めずらしい注目レースで
これやっちゃうと、またファンが離れないか?」


ドリームジャーニー
「ええ・・・」



マツリダゴッホ
「フジテレビに至っては、
『時間がないので終了します』・・・って。
ゲームは開催しましたが結果はわかりません って言ってるようなもんだろマツリダ」


ドリームジャーニー
「ですね 汗」



マツリダゴッホ
「まあいいや」


ドリームジャーニー
「き、気分転換が早いっすね 汗」



マツリダゴッホ
「ブエナ氏はこれでジーワン2回目の降着か」


ドリームジャーニー
「はい」



マツリダゴッホ
「超高性能スポーツカーのように
性能が良すぎてコントロールが難しいのかもしれんなマツリダ」


ドリームジャーニー
「そうですねー」



マツリダゴッホ
「現役時代のワシのように器用さを身につけてほしいものだマツリダ」


ドリームジャーニー
「誰が器用?」



マツリダゴッホ
「いや、ワシが」


ドリームジャーニー
「・・・ゴッホさんは4角マクりから自分勝手に突き放すだけの
ド派手なレースしかできないじゃないですか」



マツリダゴッホ
「できるもんっ!!」


ドリームジャーニー
「できないでしょー?
しかも中山コース限定でしょー?」



マツリダゴッホ
「ちがうもんっ!!」


ドリームジャーニー
「中山と札幌でしか勝ったことないでしょー?」



マツリダゴッホ
「エーン 泣」


ドリームジャーニー
「ずっとそうやって泣いてなさいっ!!怒
置いていくからね!!怒」



マツリダゴッホ
「ヒーン 号泣」



– つづく –

サブコンテンツ