◆苦渋の選択 ペルーサ ジャパンカップ(GI)



◆苦渋の選択



ジャパンカップ(GI)

1着キングダム
2着姐さん(1位降着)
3着ヴィクトワール氏

5着若頭
7着オウケンくん
8着フラッシュ
14着中山氏



【前回までのあらすじ】
フラッシュから最高級カメラを奪ったペルーサだったが
なんとそのカメラは、呪われしカメラだった・・・



≪道を歩くペルーサ≫



ペルーサ
「フッ。
いいカメラじゃねえか
思わぬ掘り出しモノが手に入ったぜ 喜
・・・・
・・・・
ん?
どこからか声が聞こえる・・・
なんだ?」



~・・・呪いのカメラを手にし者よ・・・
12/4(土)の夜の時点で、我を持つ者に
競走馬として致命的な事態が起こるであろう・・・
避けたくば、我を他者に譲渡するがいい・・・~



ペルーサ
「な、なんだって? 汗汗」
バ、バカバカしい!
この若頭を脅すつもりか?あ?
・・・・
・・・・
だ、だが・・・天誅がもし本当に下ったら・・・」



≪ブエナ組 本部≫



ブエナビスタ
「なんや。
どうしたんや、ペルーサ。青ざめた顔して」


ペルーサ
「あ、いえ・・・
なんでもありません・・・」



ブエナビスタ
「・・・悩みがあるなら話してみんか。
私にできることなら、聞いてやる」


ペルーサ
「い、いえ・・・
ですが・・・」



ブエナビスタ
「なに遠慮しとるんや。
話せばラクになることもある。
話してみい」


ペルーサ
「・・・・
はい・・・
姐さん・・・
スイマセン・・・
ボソッ」


ブエナビスタ
「ん?」



ペルーサ
「じ、実は・・・
姐さん、ジャパンカップは降着でしたが
1位入線には違いないので、お祝いの品を用意しました! 汗」


ブエナビスタ
「なんと・・・
そんなことせんでもええと、いつも言っとろうが 喜」



ペルーサ
「こ、これ!!
最高級カメラですっ!!汗汗」


ブエナビスタ
「おおっ!!
なんと美しいカメラよ!!」



ペルーサ
「姐さんのために、探してきましたっ!!汗」


ブエナビスタ
「ペルーサ・・・」



ペルーサ
「姐さんの喜ぶ顔が見たくて!!汗汗」


ブエナビスタ
「・・・ありがとうペルーサ・・・」


ペルーサ
「・・・・」



ブエナビスタ
「ありがたく受け取ることにしよう」


ペルーサ
「ぜ、ぜひ!!」



ブエナビスタ
「大切にするぞ 喜」


ペルーサ
「は、はい・・・
・・・・
・・・・
スミマセン・・・
スミマセン・・・
ボソッ」



– つづく –

サブコンテンツ