◆競走馬として致命的な事態が起こる ペルーサ ジャパンカップ(GI)



◆競走馬として致命的な事態が起こる



ジャパンカップ(GI)

1着キングダム
2着姐さん(1位降着)
3着ヴィクトワール氏

5着若頭
7着オウケンくん
8着フラッシュ
14着中山氏



【前回までのあらすじ】
フラッシュから最高級カメラを奪ったペルーサだったが
なんとそのカメラは、
『12/4(土)の夜の時点での所持者』に天誅を下す呪われしカメラだった
苦悩の末、ペルーサはカメラをブエナに譲渡するが
ブエナの恩義を忘れられなかったペルーサは、
自分でカメラを持つことを決意するも、今度はレッドがカメラを持って行ってしまうのだった



≪オウケン&レッド宅≫



レッドディザイア
「よーし♪
若頭から無理やり借りたこのカメラがあれば
ペンギンさんの写真が撮れるじょー♪
はりきって行こー♪
・・・・
・・・・
その前に、ちょっとトイレー」



ガチャッ



オウケンブルースリ
「ただいまー・・・
・・・って誰もいないのか・・・
ハァー・・・
またパチンコで惨敗してしまった・・・泣
今日、借金の返済日なのに、どうしよう・・・汗
・・・・
・・・・
ん?
なんだこのカメラ・・
す、すげー高そうじゃね? 喜
・・・・
・・・・
ニヤリ」



バタン



レッドディザイア
「ふー。
すっきりすっきり。
ん?
今、誰か来た?
まあいいや。さて!
カメラを持って、ペンギンさんへGOー!!
・・・・
・・・・
・・・ってカメラがないーー!!泣」



≪道を歩くオウケン≫



オウケンブルースリ
「フフフ・・・。
運はオレを見放さなかった・・・喜
このカメラをとりあえず質屋に入れて、借金を返済しよう。
こいつはいいカメラだぁ! 高い値がつくぜー! 喜」



呪いのカメラ
「~・・・呪いのカメラを手にし者よ・・・
現時点で、我を持つオマエに・・・
競走馬として致命的な事態が起こるであろう・・・」


オウケンブルースリ
「うわっ!!汗
カ、カメラがしゃべった? 汗汗」



呪いのカメラ
「悲しい男よ・・・
覚悟はよいか・・・」


オウケンブルースリ
「な、なんスか? 汗」



呪いのカメラ
「グッバイ・・・」


オウケンブルースリ
「え?
・・・・
・・・・
う、うぎゃーーー!!!!」



≪オウケン&レッド宅≫



レッドディザイア
「あれー 汗
おっかしいなあー
カメラどこいったんだろう 汗
アタシ、どこに置いたんだっけ・・・汗」



ガチャ



レッドディザイア
「あ、オウケンくん、おかえりー。
ねえねえオウケンくん、アタシのカメラ知らない?
ここに置いといたんだけ・・・
・・・・
・・・・
オ、オウケンくん・・・それ・・・どうして・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・泣」



レッドディザイア
「オ、オウケンくんの・・・スネ毛が・・・全部抜け落ちている・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・泣」



レッドディザイア
「・・・・
・・・・
プッ・・・
ププッ・・・
ギャーーーハハハハ!!!!笑
なんなのそれーー!!
新手のファッション?
ギャハハハ!!!笑」



オウケンブルースリ
「・・・・泣
こんな、スネ毛ツルツルじゃあ、恥ずかしくてレースに出られない・・・泣
競走馬として致命的だ・・・泣」



– つづく –

サブコンテンツ