◆真に強き者は自分自身のために戦う レーヴディソール 阪神ジュベナイルフィリーズ



◆真に強き者は自分自身のために戦う



阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

1着レーヴディソール
2着ホエールキャプチャ
3着ライステラス



≪ドリアン墓前にて≫



レーヴディソール
「お兄ちゃんが叶わなかったジーワン制覇の夢
今、あたしが果たしました・・・」


レッドディザイア
「・・・・」



レーヴディソール
「・・・見ててくれた?
お兄ちゃん・・・泣」


レッドディザイア
「・・・ディソールちゃん・・・」



レーヴディソール
「え、えへ
メソメソしてたらお兄ちゃんが心配するよね!」


レッドディザイア
「・・・そうだね。
元気な姿を見せてあげようよ!」



レーヴディソール
「うん!」


レッドディザイア
「最後の直線は、やっぱりお兄さんのために走ったから
力が湧いたの?」



レーヴディソール
「・・・・」


レッドディザイア
「ん?」



レーヴディソール
「あたしもお兄ちゃんのために走ろうって思ってたの・・・」


レッドディザイア
「うん」



レーヴディソール
「でもね、スタート前にすっごく不安になってきちゃって・・・」


レッドディザイア
「・・・・」



レーヴディソール
「そしたらどこからか、お兄ちゃんの声が聞こえたの・・・」


レッドディザイア
「うん」



レーヴディソール
「『ディソール。おまえはおまえ自身のために走れ』
って」


レッドディザイア
「・・・・」



レーヴディソール
「『人のために生きるのは尊い。だが、真に強き者は
自分自身のために戦わなければならないのだ』
・・・と」


レッドディザイア
「・・・・」



レーヴディソール
「お兄ちゃんのその声で
あたしは覚悟を決めることができた。
自分のために戦おうって」


レッドディザイア
「そっか」



レーヴディソール
「・・・レッドおねえちゃん・・・
あたし・・・ひどい妹かな・・・」


レッドディザイア
「・・・ううん。
カッコイイ妹だよ」



レーヴディソール
「・・・えへ。
ありがと・・・」



– つづく –

サブコンテンツ