◆逸脱を恐れるな。特色無きを恐れよ ダンスファンタジア 阪神ジュベナイルフィリーズ



◆逸脱を恐れるな。特色無きを恐れよ



阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

1着レーヴディソール
2着ホエールキャプチャ
3着ライステラス

9着ダンスファンタジア



【前回までのあらすじ】
力を出し切れずに負けたファンタは
敗因を他者のせいにしまくる。そこへゴッホ登場



≪マクドナルドにて≫



ダンスファンタジア
「こ、このジジイ!!
アタシのピクルス食うんじゃねえよっ! 怒」


マツリダゴッホ
「モグモグ・・・
・・・ウマし」



ダンスファンタジア
「だ、誰か!!
警察を呼んでください!!怒」


マツリダゴッホ
「・・・ファンタ氏よ・・・」



ダンスファンタジア
「あ? 怒」


マツリダゴッホ
「逸脱を恐れるなマツリダ」



ダンスファンタジア
「はぁ? 怒
何言ってんだよクソジジイ!!
・・・誰かー!
警察はまだですかー?」


マツリダゴッホ
「・・・ファンタ氏よ」



ダンスファンタジア
「だからなんだよ!!怒」


マツリダゴッホ
「逸脱を恐れるな。特色無きを恐れよマツリダ」




ダンスファンタジア
「・・・何言ってんだよ・・・」


マツリダゴッホ
「今回おぬしは、自身の欠点を露呈して敗北した」


ダンスファンタジア
「・・・・」



マツリダゴッホ
「だが、その欠点を直すことに苦心してしまえば
おぬしの長所までスポイルしてしまうだろうマツリダ」


ダンスファンタジア
「・・・長所・・・」



マツリダゴッホ
「ワシも長く現役を続けたが、ほとんど中山コースでしか勝っとらん。
完全に逸脱しておるマツリダ」


ダンスファンタジア
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「それでも突出できれば種牡馬になれるのだ」


ダンスファンタジア
「・・・・」



マツリダゴッホ
「おねしはその卓越したスピードを最大限に生かせるようなスタイルを考え
努力を重ねろマツリダ」


ダンスファンタジア
「・・・スピード・・」



マツリダゴッホ
「たかが1度の失敗で、自己を否定する必要はないマツリダ」


ダンスファンタジア
「・・・はい・・・泣」



マツリダゴッホ
「フッ」



ガチャッ



警察官 野村
「通報されたのはどなたですかっ!!」


ダンスファンタジア
「あ」


マツリダゴッホ
「む?」



警察官 野村
「ん?
ああっ!!」


マツリダゴッホ
「またおぬしかマツリダ」



警察官 野村
「それはこっちのセリフだ!!怒
またオマエかコラァー!!」


マツリダゴッホ
「ワシは何もしてマツリダ」



警察官 野村
「わけわかんねえんだよ!
ボカッ!!」


マツリダゴッホ
「い、痛い・・・汗」



警察官 野村
「テメー今日はこってりとしぼりまくってやるからなっ!!怒」


マツリダゴッホ
「ピクルス食べただけマツリダ」



警察官 野村
「黙れコラ!!怒
今日のオレはなあ!
朝から女房とケンカして、機嫌が超悪いんだよっ!!怒
さあ署まで来いコラ!!怒」


マツリダゴッホ
「こ、公私混同マツリダ 汗」



– つづく –

サブコンテンツ