◆クリスマスプレゼント オウケンブルースリ 有馬記念直前スペシャル



◆クリスマスプレゼント



有馬記念直前スペシャル



≪オウケン&レッド宅にて≫



レッドディザイア
「去年のジャパンカップ以来、ついに
1年以上ぶりに一緒に走れるね!オウケンくん! 喜」


オウケンブルースリ
「フッ。
おまえはオレには勝てんぜ」



レッドディザイア
「・・・1回しか戦ってないじゃん」


オウケンブルースリ
「オレはジャパンカップでは7着だったが
この有馬記念こそは、1番人気に応えて勝つだろう」



レッドディザイア
「・・・だれが1番人気だって?」


オウケンブルースリ
「いや、ボクが」



レッドディザイア
「・・・アンタね。
下手したら2ケタ人気だよ」


オウケンブルースリ
「なぬっ!!汗」



レッドディザイア
「だってアンタの今年の成績見てみる?
2戦しかしてないし」



■2010年度オウケン君

京都大賞典(G2) 2着
ジャパンC(G1)  7着



レッドディザイア
「これで1番人気になるわけ?」


オウケンブルースリ
「う・・・汗」


レッドディザイア
「アタシはこんな感じ」



■2010年度レッドちゃん

ドバイ(G2)   1着
ドバイ(G1)   11着
ヴィクトリアM  4着
アメリカ(G1)  3着
アメリカ(G1)  4着



レッドディザイア
「世界のトップホースと差のない競馬よ。
今回はオウケンくんには負けないでしょ プッ」


オウケンブルースリ
「い、いや今年はオレは体調面が万全ではなかったので・・・汗」



レッドディザイア
「それはアンタがAVとか借金とか
ウダウダやってるからでしょ? 怒」


オウケンブルースリ
「う・・・」



レッドディザイア
「アンタ、マジ今回ぶざまな着順だったら
久々のレッドカレーの刑に処するかんね」


オウケンブルースリ
「そ、それだけは勘弁してくださいっ! 汗」



レッドディザイア
「追い込みだから中山不向きとか言い訳しないでよね。
追い込みのジャーニーさんだって勝ってるんだから」


オウケンブルースリ
「はい・・・」



レッドディザイア
「ハァ・・・。
もう気合い入れて行けや!ボケッ!!怒」


オウケンブルースリ
「は、はいっ! 汗」



レッドディザイア
「わかったらトレーニングしてこいよ。
早く行け」


オウケンブルースリ
「い、行ってきます 汗」


レッドディザイア
「おう」



オウケンブルースリ
「あ、レッド・・・」


レッドディザイア
「なんだよ。
早く走ってこいよ」



オウケンブルースリ
「あの・・・
これ、ちょっと早いけどクリスマスプレゼント・・」


レッドディザイア
「え・・・」



オウケンブルースリ
「今、オレ金ないから、こんなもんしか買えないけどさ・・
ホラ」


レッドディザイア
「・・・うさぎさんの・・ぬいぐるみ・・・」



オウケンブルースリ
「おまえ欲しいって言ってたじゃんか」



≪回想シーン 数週間前 デパートにて≫



レッドディザイア
「あー!!
このうさぎさん、超かわいい~♪
ねえねえオウケンくん!これ買って♪」


オウケンブルースリ
「バカか。
そんなデカイうさぎ、邪魔になるだけだろ」



レッドディザイア
「買って買って~!!」


オウケンブルースリ
「絶対イラネ」



レッドディザイア
「だって欲しいもん~!」


オウケンブルースリ
「いらねって」


レッドディザイア
「いるって」



オウケンブルースリ
「いらねって」


レッドディザイア
「ほしいって」



オウケンブルースリ
「邪魔だって」


レッドディザイア
「もういい! 怒」



≪回想シーン終わり≫



レッドディザイア
「あ・・・
あのときのうさぎさん・・・」


オウケンブルースリ
「そのデカイうさぎ、持って帰ってくるの超恥ずかしかったぞ」



レッドディザイア
「・・・・」


オウケンブルースリ
「じゃあ走ってくるから」



バタン



レッドディザイア
「・・・オ、オウケンくんが・・・うさぎさん・・・ 泣
・・・・
えへへ 泣
やったじょー!!
うさちゃんゲットだじょー!!喜
やったー!やったー!
背中に乗っけるじょー!
バタバタ!」


(背中にうさぎ乗せて、床で泳いでいる)



ガチャッ



オウケンブルースリ
「忘れ物しちゃっ・・・」


レッドディザイア
「はうっ!!汗汗」



オウケンブルースリ
「・・・・」


レッドディザイア
「・・・・汗」



バタン



レッドディザイア
「・・・・み、見られた・・・かな?
ねえ、うさちゃん? 汗」



– つづく –

サブコンテンツ