◆ブエナ組のワンツーを願って ブエナビスタ 有馬記念直前スペシャル



◆ブエナ組のワンツーを願って



有馬記念直前スペシャル



≪ブエナ組 宴会場にて≫



ペルーサ
「ブエナ組のー!!
有馬記念ワンツーを祈願しー!!
乾杯ーー!!!」


組員たち
「かんぱーーい!!
うおおおーー!!!
姐さんーー!!
若頭ーー!!」



ブエナビスタ
「・・・みんな、ありがとうな。
競馬に絶対は無いが、
みんなが納得できるようなレースができればいいと思っている」


組員たち
「うおおおーー!!
姐さんーー!!」



ペルーサ
「・・・姐さん。
ジャパンカップでの不可解な降着のケリ、つけましょうやー!!」


組員たち
「うおおおーー!!
若頭ーー!!
そうだーー!!
全馬ブチ殺せーー!!」



ペルーサ
「おまえら、見とけやーー!!」


組員たち
「うおおおーー!!
若ーー!!」



ブエナビスタ
「・・・ペルーサ」


ペルーサ
「オッス!!」



ブエナビスタ
「・・・気合いを入れるのはいいことや。
だが、怒りや恨みのエネルギーをモチベーションとしてはならん」


ペルーサ
「し、しかしJRAの野郎がっ!!」



ブエナビスタ
「・・・ダークな感情には、とてつもないパワーがあるが
しかし、それで成功しても幸せとは言えん」


ペルーサ
「・・・・」



ブエナビスタ
「そして、それで成功しても、その成功は永続せんのや」


ペルーサ
「・・・・」



ブエナビスタ
「願わくば、モチベーションは明るく前向きなものでありたいな」


ペルーサ
「・・・明るく・・・」



ブエナビスタ
「フッ。
あまりイレ込むと、また出遅れるぞ 微笑」


ペルーサ
「う・・・ 汗」



■2010年度 若頭

500万下     1着
若葉S(OP)    1着
青葉賞(G2)   1着
ダービー(G1)  6着
毎日王冠(G2)  5着
天皇賞(秋)(G1) 2着
ジャパンC(G1)  5着



ブエナビスタ
「後半の敗因は、すべて出遅れやないか 苦笑」


ペルーサ
「う・・・」



ブエナビスタ
「中山コースは出遅れたら終了や。気ぃつけや」


ペルーサ
「オ、オスッ!!
ありがとうございます!!」



■2010年度 姐さん

京都記念(G2)   1着
ドバイシーマC(G1)2着
ヴィクトリアM(G1)1着
宝塚記念(G1)   2着
天皇賞(秋)(G1)  1着
ジャパンC(G1)入線1着



組員たち
「うおおおーーー!!
姐さん!!
完璧っすーー!!」


ブエナビスタ
「フッ」



ペルーサ
「・・・姐さん・・・」


ブエナビスタ
「ん?」



ペルーサ
「体調はいかがですか・・・」


ブエナビスタ
「なんやそれ。
絶好調や」



ペルーサ
「しかし・・・この秋は天皇賞・JCと圧勝の形・・・。
疲れは大丈夫ですか?」


ブエナビスタ
「・・・ここまできたら泣き言など言ってられんやろう」



ペルーサ
「くれぐれも、無理はなさらないでください・・・」


ブエナビスタ
「ああ」



ペルーサ
「そ、それと姐さん!!」


ブエナビスタ
「ん?」



ペルーサ
「こ、これ・・・」


ブエナビスタ
「なんや?」



ペルーサ
「ク、クリスマスの贈り物ですっ!!汗」


ブエナビスタ
「クリスマス?」



ペルーサ
「はいっ!!汗
姐さんにピッタリのものを用意しやしたっ!!」


ブエナビスタ
「開けていいのか?」



ペルーサ
「どうぞっ!!汗」


ブエナビスタ
「ガサガサ・・・
・・・・
・・・・
これは・・・」



ペルーサ
「さ、最高級のドスですっ!!
姐さんの身を守るお守りとして!!」


ブエナビスタ
「・・・フッ。
ペルーサよ」



ペルーサ
「オスッ!!」


ブエナビスタ
「私らは愚連隊やないんや
こんな物騒なモン持って、競馬場行かれへんやろ 苦笑」


ペルーサ
「う・・・」



ブエナビスタ
「人目につかんとこに隠しておけ」


ペルーサ
「オ、オスッ! 汗
すみませんでしたっ!!汗」



ブエナビスタ
「・・・ペルーサよ」


ペルーサ
「は、はいっ!!
スミマセンッ!!」



ブエナビスタ
「・・・ありがとうな」


ペルーサ
「!!
あ、姐さんのためなら、日本刀でも手に入れますっ!!照」



ブエナビスタ
「フッ。
・・・有馬記念、私とアンタで、ワンツー決めようや」


ペルーサ
「は、はいっ!!
がんばりますっ!!」



– つづく –

サブコンテンツ