◆お坊ちゃまくんの食事 ルーラーシップ 有馬記念直前スペシャル



◆お坊ちゃまくんの食事



有馬記念直前スペシャル



≪超高級料亭にて≫



ルーラーシップ
「ご、ごめん!
遅れちゃった! 汗」


トゥザグローリー
「遅いぞ、ルーラー。
オレを待たせるんじゃねえ 怒」



ルーラーシップ
「ごめんごめん 汗
ビーエムで来るか、レクサスで来るか迷ってたら
遅刻しちゃった 汗」


トゥザグローリー
「・・・あいかわらずオッサンくさい車乗ってるな。
オレはフェラーリか、ランボルギーニで迷ったが
結局アストンマーチンで来たぞ」



ルーラーシップ
「グローリー君は、スーパーカー派だね 汗」


トゥザグローリー
「男はスーパーカーだろ」



■トゥザグローリー
→母:トゥザヴィクトリーは世界最高賞金のドバイWCで
日本馬最高の2着の名牝。超お坊ちゃま


■ルーラーシップ
→母:エアグルーヴは言わずと知れた日本競馬史上最強牝馬。
激烈なお坊ちゃま



トゥザグローリー
「フッ。
競馬はブラッドスポーツだからな。
所詮は血統の良い馬が勝つのさ」


ルーラーシップ
「そうだね!」



トントン



料亭の女将しほ
「失礼致します。
お飲み物の方は、いかがなさいますか?」


トゥザグローリー
「あー、じゃあロマネの一番高いやつで」



料亭の女将しほ
「ロマネ・コンティですと、高いものは1本500万円ですが・・・汗」


トゥザグローリー
「じゃあそれを10本持ってきて」



料亭の女将しほ
「じゅ、10本でございますか? 汗汗
お飲み物だけで、5,000万円になりますが 汗汗」


トゥザグローリー
「いいよ。
今日の予算は2億だから」



料亭の女将しほ
「か、かしこまりました 汗
すぐにご用意致します 汗」


ルーラーシップ
「ロマネが500万なら良心的だね」



トゥザグローリー
「ああ。この料亭はウマくて安いよな」



■2010年度 グローリー

3歳新馬       1着
3歳500万下    1着
青葉賞(G2)     2着
東京優駿(G1)   7着
ラジオNIKKEI(G3) 5着
アイルランドT(OP)2着
カシオペアS(OP)  1着
マイルCS(G1)   7着
中日新聞杯(G3)  1着



トゥザグローリー
「出走レースが地味だよな、オレ 汗」


ルーラーシップ
「そ、そんなことないよ! 汗
今年の3月にデビューしたばっかりで
年末には有馬記念なんてスゴイよ!!」



■2010年度 ルーラー

若駒S(OP)      2着
500万下      1着
毎日杯(G3)     5着
プリンシパル(OP)1着
東京優駿(G1)   5着
鳴尾記念(G3)   1着



トゥザグローリー
「・・・オマエは、お坊ちゃまらしい使われ方だな。
大切にされてる感じ」


ルーラーシップ
「えへ。
ママが、疲れないようにってローテ考えてくれるんだ」



トゥザグローリー
「・・・好走と凡走が交互だな。
てことは有馬は凡走か」


ルーラーシップ
「ちょ、ちょっと!!
グローリー君! 汗
ヒドイよっ!」



トゥザグローリー
「ハハッ。
冗談だよ」



≪2時間後≫



トゥザグローリー
「ふぅ~。
飲んだなー
オレもう飲めねえ」


ルーラーシップ
「ま、まだロマネが9本残ってるけど 汗」



トゥザグローリー
「だれだよ10本も注文したのは」


ルーラーシップ
「グローリー君でしょ? 汗」



トゥザグローリー
「仕方がない。残して帰ろうぜ」


ルーラーシップ
「4,500万円くらいなら、残してもいいよね」



トゥザグローリー
「ああ。小銭だな」


ルーラーシップ
「そうだね」



トントン



料亭の女将しほ
「失礼致します。
お二人様は超VIPですので、本日は綺麗どころをご用意致しました」


ルーラーシップ
「え」



料亭の女将しほ
「こちら当料亭自慢の3人娘、左からエミ、カヨ、アケミでございます」


ルーラーシップ
「はあ・・・」



料亭の女将しほ
「本日は、おみやげとして
お好きな子をお持ち帰りください
ニヤリ」


ルーラーシップ
「い、いや!
あのーボクら、日曜日に有馬記念だから
そんなことしてる場合じゃないんですよっ! 汗
ね?グローリー君?」



トゥザグローリー
「じゃあアケミで」


ルーラーシップ
「も、持って帰るんかいっ!!汗」



トゥザグローリー
「じゃあなルーラー。
次は中山競馬場で会おう」


ルーラーシップ
「だ、だめだよっ! 汗
あさっては有馬記念なのにっ!!
グローリーくーーん!!汗汗」



– つづく –

サブコンテンツ