◆シンザン記念の展望2≪すべてを金で解決する≫アドマイヤサガス



【アドマイヤサガス】

・父:フジキセキ
・馬名の意味:フランスの名馬サガスより。
・前走、朝日FSは致命的な外枠。しかも4角で外人騎手にサンドイッチマンにされ終了
・デイリー杯2歳S、2着の実績光る。しかも勝ち馬は2歳女王レーヴディソール



≪立ち食いそば屋にて≫



シゲルシャチョウ
「調子はどうでおじゃるか? サガス君」


アドマイヤサガス
「あ!社長!お久しぶりです!」



シゲルシャチョウ
「うむ。まあタメ歳だから、タメグチでいいでおじゃるぞ」


アドマイヤサガス
「いやいや!社長にはお世話になっとりますんで!」



シゲルシャチョウ
「シンザン記念はお手柔らかに頼むでおじゃる」


アドマイヤサガス
「こちらこそっ!」



シゲルシャチョウ
「ワシは3着と4着ばっかりでおじゃる 泣」


アドマイヤサガス
「け、堅実派ですな! 汗」



シゲルシャチョウ
「・・・ところで、この店にはなぜイスが無いでおじゃるか?」


アドマイヤサガス
「こ、ここは立ち食いそばの店ですから 汗」



シゲルシャチョウ
「じゃあどこに座ればよいでおじゃるか?」


アドマイヤサガス
「す、座らないんですっ 汗」



シゲルシャチョウ
「・・・それは疲れるから困るでおじゃる。オイ!店主!」


そば屋店主
「は、はい? 汗」



シゲルシャチョウ
「イスをくれ」


そば屋店主
「た、大変申し訳ございません。当店は立ち食い・・・」



シゲルシャチョウ
「これで頼むでおじゃる」


そば屋店主
「こ、これは・・・札束っ!!汗」



シゲルシャチョウ
「100万円では足りぬでおじゃるかな?」


そば屋店主
「す、すぐに用意致しますっ!!汗」



アドマイヤサガス
「しゃ、社長。あいかわらず事業の方はうまく行ってるみたいですな 汗」


シゲルシャチョウ
「ホホッ。サガス君のイスも用意してもらうでおじゃる。ホレ、この100万円を使うでおじゃる」



アドマイヤサガス
「い、いやいや!!汗 とんでもないですっ! 汗」



ポロッ



シゲルシャチョウ
「おや。100万円の束をテーブルのスキマに落としてしまったでおじゃる」


アドマイヤサガス
「ハッ!!これは大変だ!!すぐにサガス!」



シゲルシャチョウ
「ホホッ。探さんでいいでおじゃるぞ。100万円くらいなら」


アドマイヤサガス
「そ、そんなバカなっ!汗 私がテーブルの下にもぐってサガス!!」



シゲルシャチョウ
「こんな狭い店では、テーブルにもぐるのは難儀でおじゃるな」


アドマイヤサガス
「うぬっ! 汗 なんとしてもサガス!!」



ドタバタ



謎の声
「騒々しいぞ、オマエタチ・・・」


シゲルシャチョウ
「な、なんと・・・この声は・・・汗」



シゲルソウサイ
「100万円ごときで大騒ぎするものではない。他のお客さんの迷惑である」


シゲルシャチョウ
「そ、総裁!! 汗汗」



シゲルソウサイ
「テーブルがジャマで、社長の100万円が取れないなら、私がそのテーブルを買い取ろう」


シゲルシャチョウ
「え? 汗」



シゲルソウサイ
「店主。そのテーブルを今すぐ撤去しろ」


そば屋店主
「こ、困ります!汗 ここは私の夢の城なのです!!汗」



シゲルソウサイ
「・・・ここに2,000万円ある。これでそのテーブルを私が買い取ろう」


そば屋店主
「アウアウ・・・汗」



シゲルソウサイ
「足りんかね?」


そば屋店主
「い、今すぐ撤去しますっ!!汗」



シゲルソウサイ
「フッ。よかったな社長。これで100万円が拾えるな」


シゲルシャチョウ
「そ、総裁っ!!ありがたきお心遣いにごじゃりまするっ!!汗」



アドマイヤサガス
「・・・け、計算がおかしくないか?・・・汗」



– つづく –

サブコンテンツ