◆AJCC予想 コスモファントムは差されない?



【コスモファントム】

・父 Stephen Got Even
・2歳時のラジオNIKKEI杯では差し有利の展開にも関わらず、ヴィクトワールピサにクビ差の2着
・その時の3着はNHKマイルレコード勝ちのダノンシャンティ。4着は皐月賞2着のヒルノダムール
・ジャパンダートダービーではダートG1で2着。パワー兼備
・中日新聞杯も2着も、勝ち馬は有馬3着のトゥザグローリー
・前走中山金杯では、内々先行の優等生レースで重賞初制覇



≪びっくりドンキーにて≫



ヴィクトワールピサ
「くっくっく・・・ついに・・・ボトッ」


コスモファントム
「・・・こ、怖いよ?ヴィクト君 汗 パインバーグディッシュのパイン落ちたよ?汗」



ヴィクトワールピサ
「ついに俺らの時代が来たんじゃねえか? 喜」


コスモファントム
「時代?」



ヴィクトワールピサ
「キングダムもさすがにこの敗戦はショックなようだな 喜」


コスモファントム
「うん・・」



ヴィクトワールピサ
「あの男がおとなしくなってるなんて、まれに見る大チャンスだ 喜」


コスモファントム
「次走は巻き返してくるよ、きっと」



ヴィクトワールピサ
「そんなことはどうでもいいのだ!」


コスモファントム
「はぁ」



ヴィクトワールピサ
「我ら、ラジオNIKKEI杯コンビの時代が来たってことさ!ハッハー!笑」


コスモファントム
「ボ、ボクはまだまだジーワンでは・・・」



ヴィクトワールピサ
「弱気なこと言ってんじゃねえっ!時代を作るぞ!ファントム!」


コスモファントム
「いや、そーゆーのは別に・・・汗」



ヴィクトワールピサ
「チームヴィクトワール!!2011年の競馬界を席巻するぜ!」


コスモファントム
「・・・チームファントムにしようよ・・・」



ヴィクトワールピサ
「!!キサマ・・・密かにボスの座を狙ってやがったな!汗」


コスモファントム
「そ、それよりAJCCは、中山コースだから走り方を教えてよ」



ヴィクトワールピサ
「おお!オレはゴッホさんの後を継ぐ中山マイスターだからな!」


コスモファントム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「中山3戦3勝だからな!」


コスモファントム
「うん、そういうのはどうでもいいんだけど・・・」



ヴィクトワールピサ
「中山は先行して内々を回れ」


コスモファントム
「き、金杯の時と同じアドバイスだね 汗」



ヴィクトワールピサ
「おまえ、金杯はたまたま勝てたけど、もうちょっとで前が開かなくて惨敗だったぞ?」


コスモファントム
「・・・確かに」



ヴィクトワールピサ
「4角でスムーズに進路を確保せよ。多少早めに動くくらいの気持ちで行け」


コスモファントム
「うん・・・差されないかなあ・・・」



ヴィクトワールピサ
「相手は、トーセンジョーダンさんだ」


コスモファントム
「そうだね」



ヴィクトワールピサ
「でもあんなくだらないジョーダンばっか言ってる人に負けるんじゃねえ!」


コスモファントム
「き、昨日も冗談ばっかり言ってたね 汗」



ヴィクトワールピサ
「今回はオマエのほうが、斤量が2キロ軽い!だから差されない!・・・ハズ」


コスモファントム
「わかった!それで行ってみるよっ!チームファントムの栄華のために!」



ヴィクトワールピサ
「・・・チ、チームヴィクトワールじゃないの? 汗」



– つづく –

サブコンテンツ