◆京都牝馬S予想 アグネスワルツの本音と建前



【アグネスワルツ】

・父ゼンノロブロイ
・牝4
・京都1600は、未勝利・500万を連勝した舞台(未勝利はレコード勝ち)
・骨折休養明けのフローラSで、いきなり2着(1着はオークス馬サンテミリオン)
・オークスでは先行馬総崩れの中、驚異の粘りで3着
・期待されたローズSと秋華賞は、共に先行馬には厳しい流れとなり惨敗
・コース良し。単騎でも行けそう。あとは体調だけか



≪喫茶グータンにて≫



アプリコットフィズ
「あれ~。私が一番乗りかな~?」


店員
「いらっしゃいませ。ご注文は?」



アプリコットフィズ
「あ、じゃあ、アプリコットフィズをひとつ」


店員
「かしこまりました」



アプリコットフィズ
「・・・ふー。・・・ヒマだなぁ・・・何やってんだアイツら 怒 私を待たせるんじゃねえ 怒」



ガチャ



アグネスワルツ
「ごめーん!フィズちゃん、待った~?汗」


アプリコットフィズ
「あー!ワルツちゃん!久しぶりー!全然待ってないよー♪今、来たところー♪」



アグネスワルツ
「そうなんだ!よかった!フィズちゃん怒ってたらどうしようかと思った~♪」


アプリコットフィズ
「え~!アタシ待たされて怒ったりしない人だもーん♪」


アグネスワルツ
「よかった♪」



アプリコットフィズ
「あ、ワルツちゃん、何飲む?」


アグネスワルツ
「あ~、フィズちゃんは何飲んでんの?」



アプリコットフィズ
「アタシは、アプリコットフィズ飲んでる」


アグネスワルツ
「じゃあ私もそれで」


店員
「かしこまりました」



アグネスワルツ
「・・・・」


アプリコットフィズ
「・・・・」



アグネスワルツ
(き、気まずい・・・汗)


アプリコットフィズ
(空気が重いぞコラァー!)



アプリコットフィズ
「・・・そ、そういえば、京都は雪の恐れありで、京都牝馬Sの前売り中止だね」


アグネスワルツ
「えぇ~?汗 そうなの~?」


アプリコットフィズ
「うん」



アグネスワルツ
「・・・・」


アプリコットフィズ
「・・・・」



アプリコットフィズ
(なんかしゃべれやコラァー!怒)


アグネスワルツ
(天気の話とか、つまんねぇんだよコラァー!怒)



アプリコットフィズ
「・・・さ、最近どう?汗」


アグネスワルツ
「ど、どうって?汗」



アプリコットフィズ
「ホラ、恋とかさ!汗」


アグネスワルツ
「こ、恋は最近あんまりないんだよねー 汗」



アプリコットフィズ
「そうなんだー!あたしもー!一緒だねー♪」


アグネスワルツ
「そうだねー♪」



アプリコットフィズ
「・・・・」


アグネスワルツ
「・・・・」



アグネスワルツ
(テメーと一緒にするんじゃねえぞコラァー!怒)


アプリコットフィズ
(もっとおもしろいリアクションしろやコラァー!怒)



アプリコットフィズ
「・・・・」


アグネスワルツ
「・・・・」



ガチャッ



先輩 江角
「お待たせ」


アプリコットフィズ
「あー!江角さーん!こんにちわー♪」


アグネスワルツ
「お久しぶりですー♪」



先輩 江角
「久しぶりね。二人は仲よさそうに喋ってたね。あ、店員さん、生姜焼き定食ひとつ」


アプリコットフィズ
「そうなんですぅ~♪超盛り上がっちゃってて~♪」


アグネスワルツ
「だよね~♪」


先輩 江角
「フフッ」



アグネスワルツ
(どこが盛り上がってたんじゃコラァー!怒)


アプリコットフィズ
(空気が凍りついてただろうがボケェー!怒)



アプリコットフィズ
「・・・・」


アグネスワルツ
「・・・・」



先輩 江角
「・・・心で思ってる事と、口から出る言葉は違うよね」


アプリコットフィズ
「え?」



先輩 江角
「本音と建前・・・って言うかしら」


アプリコットフィズ
「・・・・」



先輩 江角
「一般的にはそれは悪いことのように言われているけど」


アプリコットフィズ
「・・・・」



先輩 江角
「でも私は、本音をぶつけあってケンカすることが、良い事だとは思わないな」


アプリコットフィズ
「・・・・」



先輩 江角
「建前は、相手への配慮であり、優しさなんじゃないかな」


アプリコットフィズ
「・・・なるほどー」



先輩 江角
「コミュニケーションの本質は、相手と仲良くなることであって、相手を言い負かす事ではないよね」


アプリコットフィズ
「・・・・」


アグネスワルツ
「・・・・」



アグネスワルツ
(何言ってんだこのオバサン)


アプリコットフィズ
(わけわかんねぇな、このオールバック)



先輩 江角
「まあ、そういうことよ。じゃあ私は帰るわね」


アプリコットフィズ
「え?」



バタン



アプリコットフィズ
「か、帰っちゃった 汗」


アグネスワルツ
「生姜焼き定食、注文してなかった?汗」


アプリコットフィズ
「そうよね 汗」



アグネスワルツ
「い、一緒に食べよっか 汗」


アプリコットフィズ
「そ、そうだねー 汗」



アグネスワルツ
(レース前にそんな重たいモン食えるかコラァー!怒)


アプリコットフィズ
(テメーが食えやコラァー!怒)



– つづく –

サブコンテンツ