◆きさらぎ賞予想 ウインバリアシオン友情へと進化するか?



【ウインバリアシオン】

○父ハーツクライ
○牡3
○デビュー戦は3馬身差楽勝
○2戦目の野路菊Sも、2馬身半差楽勝
○その時に負かした馬はデイリー杯3着のメイショウナルト
○前走ラジオNIKKEI杯は、休み明けで好調とは言えない状態でも差のない4着
○今回体調さえ戻れば、このメンバーなら勝てる器だが・・・



≪ガストにて≫



オルフェーヴル
「ににに、兄ちゃん!レレレ、レースが近づいてきちゃったよ~ 泣」


ドリームジャーニー
「フッ。落ち着いていけば大丈夫だ」



オルフェーヴル
「でで、でもまた出遅れたら・・・泣」


ドリームジャーニー
「うん。出遅れても慌てず、道中リラックスして走れ」


オルフェーヴル
「・・・・」



ドリームジャーニー
「今の京都の芝なら、後方からでもなんとかなるハズだ」


オルフェーヴル
「うん・・・」



ドリームジャーニー
「フッ。まあそう緊張するな。ほら、オルの好きなキッズハンバーグプレートが来たぞ」


オルフェーヴル
「うわぁーい♪」



ドリームジャーニー
「フッ。がんばれ、オル」


オルフェーヴル
「モグモグ・・・おーいすぃー!!喜」


ドリームジャーニー
「・・・・微笑」



オルフェーヴル
「・・・モグモグ・・・ん?あれは・・・」


謎の男
「あ」



ドリームジャーニー
「ん?」


オルフェーヴル
「バリア君!こんなところで奇遇だね!」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ドリームジャーニー
「バリア君って、今回のきさらぎ賞の1番人気の・・・?」


オルフェーヴル
「こんにちはー!バリア君!」



ウインバリアシオン
「・・・ジャーニーさん、こんにちは。お会いできて光栄です」


オルフェーヴル
「むっ!怒 シカト・・・怒」



ドリームジャーニー
「ああ、これはこれは。バリア君はしっかり者だねえ」


ウインバリアシオン
「いえ、とんでもないです」


オルフェーヴル
「・・・・」



ドリームジャーニー
「うちのオルはまだまだ子供でね 笑」


ウインバリアシオン
「・・・まあ・・・レースを見てればわかりますけどね 苦笑」


オルフェーヴル
「な、なんだとー!怒」



ウインバリアシオン
「・・・あんな雑な競馬してるようではクラシックは獲れない」


オルフェーヴル
「なにコラー!!怒」



ウインバリアシオン
「・・・クラシックは完成度の勝負なんだ」


オルフェーヴル
「くっ・・・」



ウインバリアシオン
「心技体。すべてが3歳の時点で揃っていなければ、クラシックは・・・」


オルフェーヴル
「うるせーバカ!!これでもくらえっ!!ポイッ!ポイッ!」



ウインバリアシオン
「あーちゃちゃちゃー!!泣 熱いっ!熱々のポテトを投げるんじゃねえ!!汗」


ドリームジャーニー
「おいおい、やめんかお前たち 笑」



オルフェーヴル
「テメーなんかにゃー絶対負けねえからな!!バカ!!怒」


ウインバリアシオン
「・・・ふぅ・・・こんな気性の奴と、隣の枠なんてな・・・」


オルフェーヴル
「なにー!!怒」



ウインバリアシオン
「ゲートで暴れるなよ?こっちまで出遅れたら大変だからな」


オルフェーヴル
「なんだとコラー!!怒」



ドリームジャーニー
「ま、まあまあ 汗 仲良くしなさい 汗」


オルフェーヴル
「仲良くなんかできないもんっ!!怒 このバカシオン!!怒」


ウインバリアシオン
「バリアシオンだ」



ドリームジャーニー
「・・・ふぅー・・・この犬猿の仲はどうしたらいいんだ・・・?汗」



謎の声
「・・・人間関係は変化を前提に考えなければならない・・・」


オルフェーヴル
「?」


ウインバリアシオン
「?」


ドリームジャーニー
「こ、この声は・・・まさか・・・汗」



マツリダゴッホ
「変化しない人間関係はありえないマツリダ」


ドリームジャーニー
「ゴ、ゴッホさん? 汗」



オルフェーヴル
「あー!また出た!変なオジサン!!」


マツリダゴッホ
「へ、変な?! 汗」



ドリームジャーニー
「ゴ、ゴッホさん、何か御用でしたか? 汗」


マツリダゴッホ
「いや、なんかジャーニーが弟と友達の不和で悩んでたから、来ちゃった♪」



ドリームジャーニー
「かわいくないっすよ」


マツリダゴッホ
「カワイイ♪」



ドリームジャーニー
「・・・で、不仲って解決できるんすか?」


マツリダゴッホ
「うむ。というか不仲が悪いことだと言い切れるのかマツリダ?」


ドリームジャーニー
「え?」



マツリダゴッホ
「むしろ、最初は気に入らなかったけど、徐々に仲良くなっていく関係の方が、最終的には仲良しになったりするものだマツリダ」


ドリームジャーニー
「・・・・」



マツリダゴッホ
「本当に良いものというのは、それがわかるまで時間がかかったりするものだマツリダ」


ドリームジャーニー
「・・・な、なるほど・・・」



マツリダゴッホ
「そこでケンカしてる2人が、クラシックを経て、親友になっていければ最高だなマツリダ」


ドリームジャーニー
「そ、そうですね!!さすがゴッホさんですっ!!ありがとうございます!!」


マツリダゴッホ
「フッ」



オルフェーヴル
「変なオジサン、きしょーい! ジュッ!」


ドリームジャーニー
「ああっ!汗 熱々のハンバーグをゴッホさんの頭にっ!!汗汗」



マツリダゴッホ
「・・アチュイ・・泣」



– つづく –

サブコンテンツ