◆京都記念2011予想 オウケンブルースリ⇒人は落ちていく時にこそ成長する



【オウケンブルースリ】

○父ジャングルポケット
○牡6
○春クラシックには乗れなかったが、秋の菊花賞は1番人気で快勝
○翌年のジャパンカップでは、伝説の名牝ウオッカとほとんど同着のハナ差2着
○体調の変動が激しい馬で、ほとんど順調に使えていない
○2010年の5歳時は秋の3戦だけ使うも、絶好調には遠く全敗
○京都コースは菊花賞馬になった舞台で大得意
○今回も調教良くない上に58キロ。展開待ちか



≪オウケン宅にて≫



レッドディザイア
「京都記念が近づいてきたね!オウケンくん!」


オウケンブルースリ
「ん?ああ・・・」



レッドディザイア
「なにそれー!テンション低いこと、ミドリガメのごとしじゃん~ 落」


オウケンブルースリ
「カ、カメはやめろ 汗 縁起でもない 汗」



レッドディザイア
「カメのごとく、後方をトコトコ歩いてくるのは勘弁してよね!」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



レッドディザイア
「でもさ!今回はオウケンくん得意の京都だからね!」


オウケンブルースリ
「まあ・・・」



レッドディザイア
「強い4歳世代、トゥザ君、ヒルノ君が56キロ。オウケンくんが58キロか・・・」


オウケンブルースリ
「き、厳しいッス 汗」



レッドディザイア
「でもこの状況でもし、オウケンくんが大外一気で差し切ったら、カッコイイよねっ!」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レッドディザイア
「それができたら先日のAVの件は、チャラにしてあげてもいいかもね」


オウケンブルースリ
「マ、マジっすか 汗」


レッドディザイア
「勝ったらね」



オウケンブルースリ
「・・・・」


レッドディザイア
「・・・なによ」



オウケンブルースリ
「・・・・」


レッドディザイア
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・自信がねぇ・・」


レッドディザイア
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・調教でも格下の馬にアオられた・・・」


レッドディザイア
「・・・・」



オウケンブルースリ
「体が重てぇよ・・・」


レッドディザイア
「・・・オウケンくん・・・」



オウケンブルースリ
「4歳時までは負ける気がしなかった。だが今はどうだ・・・?」


レッドディザイア
「・・・・」



オウケンブルースリ
「もし・・・」


レッドディザイア
「・・・・」



オウケンブルースリ
「もし・・・ここで惨敗するようなら・・・」


レッドディザイア
「・・・やめて・・・」



オウケンブルースリ
「オレはもう・・・」


レッドディザイア
「言わないでよっ!!泣」



オウケンブルースリ
「・・・引退し・・・」


レッドディザイア
「オウケンくん!!泣」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レッドディザイア
「聞きたくない!!泣」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レッドディザイア
「惨敗したっていいじゃん!!泣 負けたら次は天皇賞を目指して、またがんばればいいじゃん!!泣」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レッドディザイア
「落ちていくのが怖いの?!泣」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レッドディザイア
「でもさ!人は落ちていく時にこそ成長するんだよ!!泣」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レッドディザイア
「苦悩から逃げて、昨日より大きな自分になれると思ってるの?!泣」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レッドディザイア
「なんとか言ってみなさいよっ!!泣」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レッドディザイア
「ねえってば!!泣」


オウケンブルースリ
「・・・・」


レッドディザイア
「ねえ!オウケンく・・・!!」



オウケンブルースリ
「・・・Zzz… 」



レッドディザイア
「・・・ほう・・・ 怒」



オウケンブルースリ
「・・・グー Zzz…」


レッドディザイア
「・・・なるほどなるほど。これだけシリアスな話の最中に居眠りとはな・・・怒」


オウケンブルースリ
「ぐごぉー Zzz…」



レッドディザイア
「・・・確かに大物や。そういう面ではな 怒」


オウケンブルースリ
「・・・ふごごっ!Zzz…」



レッドディザイア
「ようわかった・・・。前から一度試してみたかった事があったんや・・・怒」


オウケンブルースリ
「・・・グー Zzz…」



レッドディザイア
「眠りこけるオウケンの鼻の穴にロケット花火を2本入れて、点火したらどうなるかのう・・・怒」


オウケンブルースリ
「ふごー Zzz…」



ガサゴソ



レッドディザイア
「・・・スタンバイ完了や・・・」


オウケンブルースリ
「ぐごー Zzz…」



レッドディザイア
「馬の耳に念仏ならぬ、馬の鼻にロケットや・・・怒」


オウケンブルースリ
「ぐー Zzz…」



レッドディザイア
「このロケット花火の煙が、文字通りおまえの復活ののろしとなることを願おう・・・点火!!」


オウケンブルースリ
「ぐごー Zzz…」



ピュンピューーン!!!



オウケンブルースリ
「ぎ、ぎぃやぁぁぁーーーーー!!!」


レッドディザイア
「さあゆけ!オウケン!ロケット花火のごとき末脚復活じゃ!!怒」



– つづく –

サブコンテンツ