◆クイーンカップ2011予想 ダンスファンタジア⇒他者を非難する自分が未熟



【ダンスファンタジア】

○牝3
○父ファルブラヴ、母ダンスインザムードの超お嬢さま。気むずかしい娘
○デビュー2連勝の内容は圧巻
○阪神JFは2番人気に押されるも、出遅れ&大外暴走で終了
○仕切り直しのフェアリーSでは、内枠でなんとか折り合い、楽勝
○能力は激高。機嫌よく走れるかがカギ
○今週末は天候が崩れる予報だが・・・?



≪ダンス一族 豪邸にて≫



ダンスファンタジア
「やなぎだぁぁぁぁーーーー!!!怒」


執事 柳田
「お、お嬢様!汗 そんな大声を出さなくとも聞こえておりますっ!汗」



ダンスファンタジア
「なんなのよ、この梨。マズイんだけど!怒」


執事 柳田
「それは山形県産、超高級ラ・フランスでございます」



ダンスファンタジア
「いらない」


執事 柳田
「い、いやしかし!超高級でございますぞ!汗」



ダンスファンタジア
「・・・スイカが食べたい」


執事 柳田
「ス、スイカは旬の果物ではございませんので・・・」



ダンスファンタジア
「取り寄せて」


執事 柳田
「・・・・」



ダンスファンタジア
「はやく」


執事 柳田
「・・・お、お嬢さま・・・わがままもほどほどにしてくださいませ 汗」



ダンスファンタジア
「ハァー・・・」


執事 柳田
「・・・・」



ダンスファンタジア
「大体さあ!こないだフェアリーS勝ったのに、なんでまたクイーンC使うワケ? 怒」


執事 柳田
「ふ、藤沢先生の方針は信用できますから・・・汗」



ダンスファンタジア
「しかも寒いんだよ!怒 それに週末は天気悪いらしいじゃん!怒」


執事 柳田
「あ、悪条件の克服も、今後のお嬢様の糧になりますゆえ・・・汗」



ダンスファンタジア
「エルメスのオーダーメイドのバンテージが汚れるだろうがっ!怒」


執事 柳田
「は、はい・・・汗」



ダンスファンタジア
「・・・つーかさ、レーヴディソールの奴なんて、余裕で休んでんじゃんかー!怒」


執事 柳田
「か、各厩舎の方針ですから・・・汗」



ダンスファンタジア
「なんで休んでる奴が、世代最強とか言われてんのよ!怒」


執事 柳田
「・・・・」



ダンスファンタジア
「ねえ!おかしいでしょ?柳田!怒」


執事 柳田
「・・・・」



ダンスファンタジア
「なによっ!!怒」


執事 柳田
「・・・お嬢様のために、あえて苦言を呈させて頂きます・・・」


ダンスファンタジア
「・・・・」



執事 柳田
「『他人を非難する自分自身こそが未熟と考えよ』・・・で、ございます」


ダンスファンタジア
「・・・・」



執事 柳田
「他者批判は、政治的規模の話であれば、もちろん必要でございます」


ダンスファンタジア
「・・・・」



執事 柳田
「しかし、我々個人レベルでの話であれば、他人の悪口を言っても、そのメリットはほとんどありません」


ダンスファンタジア
「・・・・」



執事 柳田
「非難することをやめた時、お嬢様は最強牝馬への第一歩を踏み出すこととなるでしょう」


ダンスファンタジア
「・・・・」



執事 柳田
「・・・失礼を承知で言わせて頂きました。すみません。お嬢様」


ダンスファンタジア
「・・・・」


執事 柳田
「・・・・」



ダンスファンタジア
「・・・わかった・・・」


執事 柳田
「え!?」



ダンスファンタジア
「・・・わかったよ・・・柳田・・・」


執事 柳田
「そ、そうですかっ!!喜 この柳田、嬉しゅうございますっ!!喜」



ダンスファンタジア
「・・・そうよね・・・人の非難をしても何もプラスにならない・・・」


執事 柳田
「そうでございます!喜」



ダンスファンタジア
「・・・うんうん」


執事 柳田
「・・・・喜」



ダンスファンタジア
「あ、そういえばさあ」


執事 柳田
「はい 喜」



ダンスファンタジア
「この屋敷には防犯用の、超小型高性能CCDカメラが528個設置してあるんだ」


執事 柳田
「は?」



ダンスファンタジア
「そのうちのひとつの映像を見てみよっか」


執事 柳田
「え?」



ダンスファンタジア
「VTR、スタート!」



VTR再生



執事 柳田
「ねぇねぇ~しょこたん~電話番号おしえてよ~ デレデレ」


メイド翔子
「いや~ん♪やなぽんったら積極的~♪」



執事 柳田
「えへへ~」


メイド翔子
「うふふ~♪」



執事 柳田
「しょこたん、今度さあ遊園地行こうよぉ~」


メイド翔子
「え~♪行きたーい♪」



執事 柳田
「じゃあ土曜日に行こっか~」


メイド翔子
「え~♪でも土曜日はクイーンCにお嬢さまが出走じゃないですかぁ~♪」



執事 柳田
「いいよ~そんなのテキトーでさぁ~」


メイド翔子
「え~♪やなぽんったら、罪なオ・ト・コ♪」



執事 柳田
「えへへ~」


メイド翔子
「うふっ♪」



執事 柳田
「大体さあ~お嬢様はわがまますぎるんだよぉ~」


メイド翔子
「うーん♪」



執事 柳田
「あんなの普通、一般の社会人としては0点だよぉ~」


メイド翔子
「ふーむ♪」



執事 柳田
「ちょっとイタイ子なんだよぉ~」


メイド翔子
「コラー♪やなぽん、人の悪口や非難は、しちゃダメだぞっ♪」



執事 柳田
「えへへ~」


メイド翔子
「きゃぴっ♪」



VTR終了



執事 柳田
「・・・ア、アウアウ・・・汗汗」


ダンスファンタジア
「・・・ふむ・・・」



執事 柳田
「お、お嬢さま!これには深いワケが・・・汗」


ダンスファンタジア
「・・・勤務時間中のナンパ、およびボスへの暴言」


執事 柳田
「ち、ちがっ・・・汗」



ダンスファンタジア
「・・・フゥー。・・・さて、どうする柳田」


執事 柳田
「え? 汗」



ダンスファンタジア
「2択よ」


執事 柳田
「・・・・」



ダンスファンタジア
「選びなさい」


執事 柳田
「・・・・」



1,クビ
2,サディスティックルームへの挑戦



執事 柳田
「は? 汗」


ダンスファンタジア
「お好きな方を」



執事 柳田
「・・・に、二番の意味が全くわかりませんっ!汗」


ダンスファンタジア
「・・・では2番ということで・・・」



執事 柳田
「い、いや!ちょっと待ってく・・・」


ダンスファンタジア
「さあ行こう。明日なき世界へ・・・」



執事 柳田
「た、たぁすけてぇ~~!!泣」



– つづく –

サブコンテンツ