◆京都記念2011予想 トゥザグローリー⇒年齢を経ての魅力こそ真の魅力



【トゥザグローリー】

○牡4
○父キングカメハメハ
○母トゥザヴィクトリーは世界最高賞金のドバイWCで日本馬最高2着の名牝。超お坊ちゃま
○青葉賞ではペルーサにちぎられるも、意地の追込みで2着死守
○その後しばらくグダグダだったが、3歳秋の中日新聞杯、内からマクって楽勝
○さらに有馬記念では意外な先行策で驚異の粘りを見せ、14番人気で差のない3着
○今回56キロは明らかに有利だが、馬がまだ完成していない部分アリ?



≪超高級料亭にて≫



トゥザグローリー
「こんちわー」


ルーラーシップ
「こんにちはー」



料亭の女将
「いらっしゃいませ」


トゥザグローリー
「女将、VIP席に2人で頼むわ」



料亭の女将
「た、大変申し訳ございません 汗 ただいまVIP席には他のお客様が・・・汗」


トゥザグローリー
「ふむ」



料亭の女将
「通常のお席なら、即時ご用意できますが・・・汗」


トゥザグローリー
「えー!怒 オレ狭い席なんかで飲む気しねえよー!怒」



料亭の女将
「で、ですが・・・汗」


トゥザグローリー
「・・・わかった」



料亭の女将
「ご理解頂けましたか!汗 ありがとうございます 汗」


トゥザグローリー
「いや・・・」


料亭の女将
「?」



トゥザグローリー
「今、VIP席に何人いるの?」


料亭の女将
「え?汗 現在5名でございますが 汗」



トゥザグローリー
「ふむ。じゃあさ、別の席に移ってもらってくれる?」


料亭の女将
「は? 汗」


トゥザグローリー
「よろしくー」



料亭の女将
「そ、それは無理でございますっ!汗 同じお客さまですので!汗」


トゥザグローリー
「そっか」


料亭の女将
「・・・・」



トゥザグローリー
「・・・じゃあ1人500万円づつ渡しといて」


料亭の女将
「ごっ!!汗汗」



トゥザグローリー
「はい。これ2,500万円ね。ソッコー席空けてね~」


料亭の女将
「は、はい 汗 少々お待ち下さい 汗」



トゥザグローリー
「フゥー。2,500万円で席を確保できれば、俺らお坊ちゃまにとっては安いよな」


ルーラーシップ
「格安だね」



料亭の女将
「お待たせ致しました。VIP席へどうぞ」


トゥザグローリー
「お、さすが女将。仕事が早いね」


料亭の女将
「ありがとうございます」



ルーラーシップ
「やっぱこの席が落ち着くよねー」


料亭の女将
「では、ごゆっくり」



トゥザグローリー
「どーもー」


ルーラーシップ
「・・・・」


トゥザグローリー
「・・・・」



ルーラーシップ
「・・・ところでグローリー君、フェラーリは元気に走ってる?」


トゥザグローリー
「おお、今は違うのに乗ってるよ」


ルーラーシップ
「へぇー。何に乗ってんの?」



トゥザグローリー
「今は、ワゴンRだ」


ルーラーシップ
「え? 汗 し、しぶいね 汗」



トゥザグローリー
「フッ。あらゆる高級車に乗りつくして、1周回って軽自動車にたどり着いたぜ」


ルーラーシップ
「へぇー」



トゥザグローリー
「まあエンジンは、前のフェラーリのエンジンを載せてるんだがな」


ルーラーシップ
「・・・・汗」



トゥザグローリー
「軽自動車のボディーに、フェラーリのエンジンはスリリングだぜ」


ルーラーシップ
「へ、へぇー 汗」



トゥザグローリー
「こないだも高速を爆走してたんだがな」


ルーラーシップ
「・・・・」



トゥザグローリー
「200キロを超えたところで、サイドミラーとワイパーが全部とれた」


ルーラーシップ
「・・・・汗」



トゥザグローリー
「だがここでやめるワケにはいかねえ」


ルーラーシップ
「・・・・」



トゥザグローリー
「300キロを目指していたんだが」


ルーラーシップ
「・・・・」



トゥザグローリー
「280キロを超えたあたりで、タイヤが4個全部吹き飛んでな」


ルーラーシップ
「・・・・汗」



トゥザグローリー
「危うく首都高、大惨事になるところだったが、オレの華麗なハンドルさばきで、危機を回避したぜ」


ルーラーシップ
「・・・タ、タイヤが無いのに、ハンドルでさばくところが、さすがグローリー君だねっ!汗」


トゥザグローリー
「フッ」



トントン



料亭の女将
「失礼致します」


トゥザグローリー
「おお、女将」



料亭の女将
「グローリー様、ルーラー様、本日のおみやでございます」


トゥザグローリー
「フッ」


ルーラーシップ
「ま、まさか・・・汗」



料亭の女将
「おふたかたは、当料亭のスーパーVIPでございますゆえ、本日も綺麗どころをご用意致しました ニヤリ」


トゥザグローリー
「うむ」


ルーラーシップ
「・・・・汗」



料亭の女将
「左から、チヨ・セツコ・ピン子でございます」


トゥザグローリー
「ほ、ほう 汗 女将よ、今日はずいぶんとビンテージだな 汗」



料亭の女将
「平均年齢72歳でございます」


トゥザグローリー
「い、いや女将!それは無いだろう? 汗」



料亭の女将
「・・・グローリー様は、まだ女を分かってらっしゃらないですな」


トゥザグローリー
「え? 汗」



料亭の女将
「若くしての美しさは神のいたずらにすぎない・・・」


トゥザグローリー
「・・・・」



料亭の女将
「しかし、年齢を経ての美しさは、本人の生きざまなのでございます」


トゥザグローリー
「・・・・」


料亭の女将
「マグロ女子高生より、テクニック熟女なのでございます」



ルーラーシップ
「・・・お、女将! 汗 ここの読者は女性が多いから、ソフトな言い回しにしてくださいっ!汗 読者が減りますからっ!!汗」


料亭の女将
「ソンナノカンケーネ」


ルーラーシップ
「こ、小島よしお? 汗」



料亭の女将
「さあ・・・新しい世界を見にいかれますか? ニヤリ」


ルーラーシップ
「い、いやいや!!汗 いかないっすよ!汗 しかもグローリー君は日曜日に大事なレースがあるしっ!!ね?グローリー君? 汗」



トゥザグローリー
「・・・行くぞ、ピン子」


ルーラーシップ
「ピ、ピン子かいっ!!汗汗」



トゥザグローリー
「じゃあ、またなルーラー。チヨとセツコはおまえに任せたぜ」


ルーラーシップ
「ちょ、ちょっとー!!汗」



– つづく –

サブコンテンツ